「孤篷の人」

雨続きでひんやりしすぎる毎日。

『孤篷のひと』(葉室麟)読み終わる。

大名で茶人で有名な作庭家でもある小堀遠州の生涯を描いた作品。

それぞれの章に茶道具と歴史上の人たちの逸話。

【白炭】

「茶の道を学ぶものは利休さまのようでなくてはならぬ、利休さまのようではならぬ。

織部さまのようでなくてはならぬし、織部さまのようではならぬ。」

【肩衝】

初花肩衝、新田肩衝、櫟柴肩衝、万代屋肩衝。

本能寺の焼け跡から掘り出された背高肩衝。

【投頭巾】

茶入れ、楢柴と投頭巾。

秀忠が選んだのは投頭巾。何故?

【此世】

小さな壺を香炉に見立て利休が此世と名付けた。

【雨雲】

本阿弥光悦が焼いた楽茶碗『雨雲』。

【夢】

金地院崇伝と沢庵の生き方。

【泪】

利休が最後の茶会で用いて古田織部に与えた手作りの茶杓『泪』

【埋火】

灰被天目と茶杓埋火。

藤堂高虎と後水尾天皇、お与津御寮人

【桜散るの文】

伊達政宗が催した茶会、床の間の掛物は定家の『桜散之文』

重篤の病を得ていた政宗は茶会の後間もなく亡くなる。

【忘筌】

八条の宮の桂離宮の庭園を作り上げる。

逝去後、小堀遠州は大徳寺孤篷庵に葬られた。

 

………………

深すぎて怖い茶の心。

小堀遠州は「ともに命を慈しみ、生きようとする心」を念じて茶を点てるという。

小説の中の東福門院和子や御与津御寮人が優しく聡明な女性で幸せな境遇で終わったのが嬉しい。

 

テレビ番組で茶道上田宗箇流を訪ねた葉室麟氏、意外と普通のおじ様。

靴下で庭下駄を履いて茶庭の露地を歩く。

ちょっと歩きにくそうでした。

偉そうな作家先生より好感。

 

寒いから土鍋で古奈屋のカレーうどん(冷凍)。

美味しい 楽しい ラーメン るんるん

あめ雨の日は気圧も低いのか、香を焚いてみたけど煙が低く流れるあめ

お日様が恋しいな。

 

 


「天使のピアノ」

石井筆子が尽力して残した滝乃川学園。http://bfwm.jugem.jp/?eid=1613

筆子愛用の『天使のピアノ』のミニコンサートがあるというので、旅行会社の現地集合ツアー。

 

『石井亮一、筆子記念館』

1928(昭和3)年に建設された滝乃川学園本館を修復して記念館に。

講堂で学園の歴史を説明してもらいました。

石井夫婦の理想と行動は素晴らしいです。拍手

ここでも渋沢栄一、協力したそうです。

 

 

可愛い礼拝堂でミニコンサート。

筆子の遺品の天使のピアノ1885(明治18)年製。

海治洋一氏のフルート、奥様の海治久美子さんのピアノで「アメージンググレース」「精霊の踊り」「城ケ島の雨」等。

 

美智子皇后も、このピアノをこの空間で弾きたいと来訪なさったそうです。

優しい空気に満ちていました。

 

谷保天満宮で天神様の説明。

菅原道真の三男がこの地に配流されたそうです。

子孫が津戸為守、頼朝に仕えて武功を立てる。

なぜか境内にチャボ!

 

道真が学問の神様になったのは江戸時代以降。

それ以前は庶民に学問は無関係。

稲妻を降らす天神様は農民にとっては雨を降らせてくれる農業の神様として崇められたとか。

なるほど。

 

 

庭園を走る汽車が料理を運ぶ。

遅めのランチは『いろりの里』で。

 

もっと石井夫婦の偉業を知りたかったなあ。

パタパタ食べたステーキランチ。

素敵なお庭を鑑賞する暇もなく。

団体ツアーだから仕方がないかぁ。

昨日より14℃涼しすぎる雨の散策でした。

 

 

 


「残菊物語」

市内の映画館で『残菊物語』カチンコ

村松梢風が二代目尾上菊之助の人生を描いた同名小説を溝口健二が映画化。

五代目菊五郎の後継者として養子に迎えられた菊之助は、甘やかされて育ち芸は未熟だった。

菊五郎には実子が生まれ、その乳母のお徳だけが菊之助に意見をして励ます。

菊之助はお徳を愛するようになり、お徳と結婚したいと家を出る。

大阪や地方の芝居小屋で苦労して芸を磨き、東京の歌舞伎座に戻るが、尽くし続けたお徳はひっそりと身を引いて患い死んでいく。

 

年配の方に「これから残菊物語を見てくるの」と言ったら「ハンカチ一枚じゃ足りないわよ」と言われました。

確かに…泣きましたぁ!悲しい

 

1939年制作、菊之助役は新派の花柳章太郎。

お徳は森赫子。

デジタル処理されていて、映像も綺麗です。

でも、クローズアップは殆どありません。

たぶん当時はカメラを動かせなかったんだと思う。

それでも泣ける。役者の実力でしょうか。

 

2代目菊之助は実在で、写真も残っていて、美貌です。

その後30歳で亡くなるそうです。

長生きしたらどんな役者になったでしょう。

 

 

 

 


「大忠臣蔵」

1971年三船プロ制作。52回シリーズで当時のお金で10億円かけたそう。

さすがの三船敏郎。出演者も豪華です。

 

浅野内匠頭は当時28歳くらいの菊五郎さま、襲名前なので4代目尾上菊之助。

真っ直ぐで、きれいで、キラキラしてますぴかぴかぴかぴかぴかぴか

吉良上野介に意地悪され続けて刃傷して切腹…。

可哀想です〜悲しい

史実では色々異論があるそうですが、時代劇ですからね。

 

切腹をする田村右京太夫の屋敷には白裃に添えて、奥方阿久里が牡丹の花を刺繍した下着が届けられます。

小さな花の刺繍を見つけて、くっと唇をかむ内匠頭に胸がきゅ〜っとします。

奥方に会わずに死んでいかなくてはなりません。

特別に主従の別れを許された片岡源五衛門が滂沱の涙で見送ります悲しい

..............................................................................................

この場面、舞台で見覚え。

1970年歌舞伎座2月『風さそふ』

内匠頭(菊之助)が切腹の場に進む渡り廊下。

桜の根元にうずくまる片岡源五衛門(初代尾上辰之助)

「桜が見事でござる」と気配る多門伝八郎(10代目市川海老蔵)

泣きながら見たのを思い出します。 

........................................................................................

 

 

ドラマの大石内蔵助はもちろん三船敏郎。昼行燈じゃなくて、武芸の達人。

吉良上野介は先代市川中車。渋くて意地悪さにも凄さと気品。

 

阿久里の方は佐久間良子、美しく、ふるふると悲しむ演技が胸を打ちます。

源五衛門は江原真二郎、誠実な家臣役がぴったりです。

内匠頭を励ます痛快な脇坂淡路守は萬屋錦之助。

刃傷を聞いて「なにィ‼!」と叫ぶ声が魅力的。

 

これから中村翫右衛門(天野屋利兵衛)

勝新太郎(俵星玄蕃)など講談や歌舞伎で人気の登場人物もたくさん出ます。

 

国家老の大石内蔵助が賢すぎて立派すぎる。

あたふたする江戸家老達があほすぎる。

ありえない場面も多々あるけど、内匠頭が素敵 ときめきだからこれでいいのだ グッド

 

 

 

 

 

 

 

 


「太田記念美術館 北斎!」

原宿の浮世絵専門美術館 太田記念美術館で北斎 富嶽三十六景展。

なるほど本物のベロ藍のブルーは奥深い。

 

『尾州不二見原』大きな樽の輪の中に小さな富士山。

『浅草本願寺』空中の小さな富士、構図が新鮮。

『礫川(こいしかわ)雪の旦』高台から見る小さな富士と雪景色。

『江都駿河町三井店略図』三井呉服店の並んだ屋根だけを遠近法で描き、奥に江戸城と富士山。

賑やかな通りなのに通行人は描かず、屋根職人が生き生き。  

 

有名な『神奈川沖浪裏』『凱風快晴』『山下白雨』も素晴らしいけど、小さな人物が生き生き描かれている作品が楽しい。    

 

 

 

北斎の娘お栄(応為)の『吉原格子図』

光と影を立体的に描いた浮世絵は斬新。

 

 

表参道ヒルズで治部煮のランチ。

 

同潤会アパート跡地の表参道ヒルズ。一角にアパートを復元保存してあります。


「歌舞伎座10月公演 マハーバーラタ戦記」

10月歌舞伎座昼の部、新作歌舞伎 『極付印度伝 マハーバーラタ戦記』を見てきました。

尾上菊之助くんが3年間構想を練って実現した作品です。

インド神話が歌舞伎???

だいじょうぶかな…と音羽屋ファンとしては老婆心。

 

緞帳が上がるとキンキラキンの神様たちぴかぴかぴかぴかぴかぴか

神様たちは、人間が争いをやめないので「世界の終わりが始まっている」と心配する。

太陽神と人間の姫との間に生まれた青年迦楼奈(菊之助)が争いをやめさせようと闘う。

 

お姫様が象に乗ってゆったりと登場する。

馬が引く戦車が走り回る。

(戦士を乗せた馬車を引っ張って走り回る馬の脚さん、大変!びっくり

竹本(浄瑠璃)と長唄にパーカッションやシロフォンが加わる音楽が不思議な世界を作り出す。

 

「永遠に続く時間の中で、有限な人の一生を繰り返す。」

「自分が置かれている境遇は天の計らいである。結果を恐れず実行せよ。」

華やかな舞台に見とれていたけど、台詞をかみしめると壮大な哲学を含んでいます。

 

菊五郎さま、74才「難しい名前がたくさん出てくるので覚えるのが大変」と言っていたけど、長いセリフも完璧です。

舞台の中心に立つだけで圧倒的な存在感。

まだまだ若手と思っていた七之助君が貫録の悪女。

準主役並みに抜擢された松也くん、凛々しい若者役で大活躍。

他の舞台やテレビで活躍している松也くんが立派になって菊五郎劇団に帰ってきた…と感無量。

 

太陽神役は(あのひょうきんすぎる)左団次さん。

ときどき登場してありがたーい言葉を言って消えていく。

何だか不思議です。

 

ところどころにちゃり場(コミカルな場面)も入れて、役者それぞれに見せ場をきちんと割り振っている。

派手だけど感動的で上品な作品に仕上がってます。

菊之助くん、お見事です 楽しい ラブ 拍手

 

 

ガンジス川に赤姫が佇む。

神様の前で踊る村人たちは日本人の拵え。

筋書きを読むと、歌舞伎十八番の『鳴神』も源流はインドの神話だとか。

びっくりです。びっくり!!

 

歌舞伎では、平安時代に寺子屋があったり、飛鳥時代の御殿に町娘が迷い込んだりする。

歌舞伎って自由で何でもありなんだわ。

 

 

 


「ビーツのスープ」

 

久しぶりにご近所カフェでランチ。ケーキ ホットコーヒー

和食のセットが多かったのに、今月は趣向を変えてパスタとピラフ。

初めに出てきたのがビーツの冷たいスープ。

ビーツ(赤かぶ)だけでこんなにきれいなピンク色になるそうです。

 

 

オーナーのお孫ちゃん(3歳の坊や)は虫捕りに夢中。

虫捕り網を店内まで持ち込むので、オーナーの女主人が困り顔。

叱られても、坊やは虫の話をしたくてたまりません。

「カメムシがね、この前ママにババアって言ったんだよ」

「ババアって言ったの?」

「うん、言ったの。そしてね、臭いの出したの」

 

大人たち大笑い。楽しい

「ババアなんて言葉、どこで覚えたのかしら…。ショック

小さな子供の想像力、侮れません。
近所に虫も小鳥も植物もたくさんある環境は素敵ですよつばのクローバーおはなもみじかたつむり

 

キクイモ

 

 


| 1/221PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others