「稚魚の会 歌舞伎会 合同公演」

20190819_2897549.jpg20190819_2897547.jpg

 

 

歌舞伎俳優養成所修了者と幹部俳優に入門して研鑽を積む名題下俳優たちの俳優たちの成果を見せる公演。

国立劇場小劇場で催されます。

毎回爽やかな楷書の熱演に感動します。

 

『一條大蔵譚』

大蔵卿を演じるのは吉右衛門門下、中村吉兵衛。

御簾の中からの第一声から朗々として見事。

作り阿呆と情熱を隠す颯爽とした公達の表情を瞬時に変える演技が楽しい。

声も表情も師匠の吉右衛門にそっくりの名演。👏(^^♪

 

常盤御前は中村魁春門下、中村春希。

可愛らしくゆったりと常盤御前を演じているけど、何かが足りない。

動きが少ない十二単衣で風格や気品を現すのは難しいんだろうな。

 

『棒しばり』

尾上松緑門下の尾上松悟の次郎冠者。

初めは緊張して見えたけど、踊りが興に乗るとどんどん楽しそうになる。

棒に縛られたまま扇を持ち変える所作も見事に成功。

この演目、やっぱり楽しい♬。

 

『三社祭』

悪玉は尾上菊五郎門下、尾上音蔵。

善玉は坂東楽善門下、坂東やゑ亮。

両方ともとても元気で若々しい。

やゑ亮さんは大掛かりな立ち回りでは高梯子のてっぺんで宙返りをしたり、一番むずかしい大技役を務める身体能力抜群の役者さん。

フィギュアスケートのジュニア大会では羽生結弦くんと競ったそう。

三社祭の激しい踊りでもジャンプの高さと端正さにびっくり。

これを見ただけで炎天下出かけてきた甲斐がありました。

 

『源氏店』

お富は中村時蔵門下の中村好蝶。

はかなげで色っぽい。

与三郎は中村芝翫門下、中村橋三郎。。

う〜ん…何だかぼんやり与三郎。

もとおぼっちゃまの与三郎だからそれでも良いのかもしれないけど物足りない。

役者の魅力で見せる難しい役なのね。

 

道楽でいくつか習い事にチャレンジしてみて、教わったことをちゃんとマスターすることの難しさを実感しています。

若い歌舞伎俳優たちの研鑽と努力はすごいです。

 

 

 

 

 

 


「台風10号」

台風10号が西日本で荒れ狂っています。

お盆休みで移動中の方達、大変だろうな。

以前熊野古道を旅行した時、台風の爪痕を見せつけられました。

また台風が来ているらしい。

 

令和初めての終戦記念日。

お茶ごっこを楽しめる平和な日々は本当にありがたい。

 

20190815_2895526.jpg

台風を予想して数日前に準備しておいたお菓子。

源吉兆庵の『華の舞』

菓子器はT氏作。

 

20190815_2895533.jpg20190815_2895535.jpg

我が家の木槿は終わっちゃって、茶花が何もない。

土手に咲いていたノカンゾウと鉢植えのコンロンカで間に合わせ。

花器もT氏作。

 

お友達に平点前をやってもらって、私は茶箱の風の式。

お菓子もお茶もおしゃべりも美味しい😋。

20190815_2895529.jpg

 


「平成の藝談」

犬丸治著 「平成の藝談」読み終わる。

 

『平成の世の終わりには、第2世代、第3世代が渾然一体となって歌舞伎を支え、新装なった歌舞伎座を支えていくはずだった…。

18代目勘三郎、10代目三津五郎、12代目團十郎が相次いで亡くなった。

團十郎は歌舞伎の神木であり、歌舞伎を大局的見地から眺めていくであろう人であった。

勘三郎は劇界の麒麟児として、三津五郎はもはや名人の域に達したその踊りで、先人の芸を第4世代(幸四郎、松緑、海老蔵、菊之助、勘九郎、七之助)らに受け継いでいく、いわば橋渡し役だった。

三津五郎自身が勘三郎の弔辞で述べた「肉体の芸術ってつらいね。そのすべてが消えちゃうんだもの。」』

あの頃のあの役者たちの逝去は本当に悲しく残念でした。

 

本文の7代目梅幸、2代目松緑……藝談を読んで、思い出にある舞台が恋しくなった。

こだわりの名舞台を若くて何も知らずに見ていました。

何だかとてももったいない。

 

7代目菊五郎サマは仮名手本忠臣蔵6段目の茣蓙を巻く段取りをにこだわってみたらしい。

「勘平の心理をリアクションで見せてもいいと思ったら、やりやすくなった。」

この勘平、著者の犬丸氏が劇評でも絶賛。

「…五体に熱湯…の懊悩など痛切である」

 

平成28年のこの国立劇場の舞台、私も見に行って、理屈は分からないのにとても惹き込まれた。

本を読んで、同じ舞台を改めて見に行きたくなった。

とても自然に勘平の悲劇を演じていたけど、緻密な演技への考察があったのね。

 

絵や彫刻なら、感動した作品をまた見に行くことができる。

舞台芸術はその刹那消えてしまう。

これから見る舞台、瞬間瞬間をいとおしみながら観劇することにしよう。

 

20190812_2894230.jpg

 

 


「8月9日」

 

 

こよなく晴れた 青空を

悲しと思う せつなさよ

うねりの波の 人の世に

はかなく生きる 野の花よ

なぐさめ はげまし 長崎の 

ああ 長崎の 鐘がなる

 

召されて妻は 天国へ

別れてひとり 旅立ちぬ

かたみに残る ロザリオの

鎖に白き わが涙

なぐさめ はげまし 長崎の

ああ 長崎の 鐘が鳴る

 

こころの罪を うちあけて

更けゆく夜の 月すみぬ

貧しき家の 柱にも

気高く白き マリア様

なぐさめ はげまし 長崎の

ああ 長崎の鐘が鳴る 

  

美しい詞だなと思いました。

作詞はサトウハチローでした。

 

今日は長崎の原爆の日です。

25年位前に住んでいた時、周りの方たちが真摯に平和を考えていることを知りました。

 

20190817_2896337.jpg20190817_2896339.jpg

不思議なお店を見つけた。

パブみたいだけどランチもやっているらしい。

検索したら、地元の昔の若者たちが集う老舗のお店らしい。

ランチを食べに行くのも勇気が要るな。

それにしても、迫力のあるもじゃハウスだわ。

 

 

 


「残暑お見舞い申し上げます」

DSC_0884.JPG

今日は立秋、暦の上では秋だなんて本当かな。

午前9時にはもう30℃!

 

早々に買い込んであったミニ扇風機。

梅雨寒が続いて出番がなかったけど、ちょこっと便利です。

でも涼しいというほどではないかな。

熱風をかき回すだけのようなきがする。

 

20190806_2890166.jpgノカンゾウ、咲いています。

ヤブカンゾウと違って一重です。

ニッコウキスゲの仲間です。

 

暑かったので夜になってから買い物へ。

カラスウリが沢山咲いていて、夜のお花見。

20190808_2891110.jpg20190808_2891108.jpg20190808_2891104.jpg

 

今年も友人が産地直送朝取りだだちゃ豆を送ってくれた。

硬めに茹でて余熱を利用すると聞いたので今年はその方法でゆでてみた。

余りに美味しくて、その日は主食もおかずも茹でたてだだちゃ豆。

 

Y新聞より

『好きな日本食は何ですか?

俳優のロバートデニーロさんが再来日したとき、この質問にエダマメと答えたことがある。

その際インタビュアーに逆質問した。

「あれは大豆なんだろう?」

未成熟で青いうちの大豆をサヤのまま摘み取るエダマメと同じく、そう、大豆なんです。

 

〈「本当は大豆になりたかったのに」エダマメがひょいと飛び出して言う〉』

 

美味しすぎてバクバク食べておすそ分けして…写真を撮るのを忘れた。

 

偉いなと思う人が沢山。

赤ちゃんをだっこしているお母さん、炎天下に交通整理している係員(年配の人が多い)。

ごみの収集をしてくれる人、宅配便を届けてくれる人。

みんな偉くてありがたい。


「暑中お見舞い申し上げます。」

[戦争を知らぬ祖父母がいる平和](よみうり時事川柳)

 

20190804_2888453.jpg

着心地がよくてお気に入りだったダンガリーのシャツ。

色が褪せて、気付かないうちに洗剤でも飛んだのかぽつぽつと色が抜けていたりしてがっかりしていました。

DYLONマルチ、試してみたらきれいに染まりました。

ユザワヤの若い男性店員さん、とても親切にアドバイスしてくれました。

 

 

20190804_2888455.jpg

もやし、お安くて美味しくて便利です。

半分で塩焼きそば、半分できくらげと豆苗の和え物。

テレビを見ながらひげ根を取ります。

 

 

毎日暑いですね。

来週は35℃以上の毎日が32℃に下がるという。

ほんの少し、期待しちゃいます。

 


「ミョウガ」

今年も小さな庭に茗荷が出てきました。

薬味や酢漬け、汁物など、今年も活躍しそうです。

20190729_2885161.jpg

 

土手にヤブカンゾウ咲きました。夏らしい鮮やかな緋色です。

20190720_2879286.jpg                                                            

アニメ映画『聲の形』数年前に見ました。

聾唖の少女とシャイな少年がだんだんと心を通わせていく。

素敵な作品でした。

制作会社が放火されて若いアニメーターが大勢亡くなりました。

惨い事件です。

 

無人販売で柔らかいネギを一把買いました。

青いところは茹でてわかめ、キュウリ、アサリの缶詰と酢味噌で和えてヌタ。

白いところは刻んで冷凍。麺類の薬味に便利です。

20190731_2886679.jpg

 

水につけておいたアボガドの種、やっと割れ目が出てきた。

これから根が出て芽が伸びてくるはず。

20190731_2886689.jpg


| 1/249PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others