「夏野菜」

友人から、暑中お見舞いの絵ハガキをいただきました。

「夏野菜を食べて元気に過ごしましょう」

 

夏野菜!食べなくちゃ!

パプリカとズッキーニが安かった。

冷蔵庫にナスがある!

トマト缶を買ってきて、ラタトゥイユ、作ろう。

 

 

元気すぎるいんげんをいただいた。

ネットで調べたツナ缶とのバター炒め、美味しい グッド ムード

 

庭でとれた元気すぎるミニトマト、いただいた。

ちょっと皮が固いから料理して食べよう。

 

 


「エアコン」

老犬のベスが可哀想だから…とエアコンフル稼働です。

ついでに私も涼んでます。

エアコンをつけないで熱中症で亡くなる方が多いとか。

 

以前はエアコン無しでも過ごせたし、眠れたし。

エアコンの排気熱、どれだけ地球を熱くするのかな。

ほんのちょっと申し訳なく思う世代です。

 

ベスもシャンプーしてもらいました。

短めにトリミングしてもらって少しすっきり。

 

デザインが気になる空き瓶、小窓に並べてあります。

 

カラスウリ、闇の中に咲いています。

 

風知草、風が吹くと清々しい葉が揺れる。

風知草、なるほど。

 

 

〈日本橋 首都高速を地下化〉

日本橋の頭上から首都高速が無くなる 楽しい ムード

オリンピック後に着工。

十年位かかるらしい。

1911年開通の石造りアーチ橋、憧れのお江戸日本橋。

青空の下でのびのびと見られるようになるのは13年後かぁ…(汗)。

つい今の年齢に加算してしまう。

元気でいられるように頑張ろう!

 

 

 


「カフェでミニライブ」

ご近所カフェでミニライブ。

今村信悟さん。

初めてのアーチストです。

愛媛県在住でのミュージシャン、あまりお若くはないかなぁ。

一人で機材を担いで周り、演奏活動をしているそうです。

 

プログラムには、若い頃に馴染んだ懐かしい曲のタイトル。

でも、アレンジが大人っぽくて違う曲に聞こえる。

〈花の首飾り〉やっぱりタイガースの甘い声のほうがときめくなあ。

〈コーヒールンバ〉〈サン.トワ.マミー〉 〈テネシーワルツ〉 〈シクラメンのかほり〉

ギターのテクニックはすごいと思う(たぶん)。

 

明るいカフェの中よりは、暗いパブやクラブで聞くほうが感動すると思う。

 

ご近所のひまわり、ちょっとシックです。

 

木槿、花盛りです。

我が家のお茶ごっこには間に合いませんでした。

見ごろの花を見てもらうって、けっこう難しい。

 

梅花空木。ウツギだけど梅の花のような花をつけます。

気品があって、好きな花です。

 

 

 

 

 


「こどもの詩」

朝刊に載るこどもの詩、なんて楽しい、楽しいムード

 

 『ちょきん』

おたんじょうびに もらった おかね

ちょきんしなさいって

まま はさみで きるの?

 

作者は幼稚園年少さん。

 

小さい人は無邪気に素敵な発見をする。

 

市内の農家が作った野菜を売っているコーナー。

スイスチャードとカラフルトマト。

並べてみたらとっても鮮やかるんるん

 

我が家の木槿も初花が咲きました。

 

 

 


「暑中お見舞い申し上げます」

6枚綴りの歌舞伎絵暦、もう後半分です。

歌川国貞描く、『花菖蒲浮木亀山』に登場する中野藤兵衛(1852)

見たことのない演目です。

群青色が涼し気です。

 

土手にはヤブカンゾウが咲いています。

ユリ科の多年草で、一日花。

朝に咲いて、夕方には萎んじゃいます。

夏の日差しに負けない鮮やかな朱色です。

 

 

あちこちからいただいて、ちょっと困った玉ねぎ。

炒めて冷凍します。

フライパンに山盛りだった玉ねぎを1時間炒めたらげんこつ位の量になりました。

オニオンスープに放り込んで、チーズトーストを浮かべて、なんちゃってオニオンスープグラタン風にしよう。

 

 

新聞の小さな欄に、北原白秋の詩。

〈『ほうほうつと蛍が飛ぶ しとやかに柳川の水路を』

 

 福岡県内の川は穏やかに流れるもの思い込んでいた。

 暴れ狂う濁流の映像から目が離せずにいる。〉

 

10年ほど前に柳川を訪れました。

柳川の水路を嫁入り船が優雅に通りました。

翌日のひな祭りは着飾った女雛男雛やお稚児さん達が華やかに水路を彩りました。

 

穏やかな水路が戻りますように。

 

 


「アスパラガスランチ」

久しぶりに友人とご近所カフェでアスパラガスのおかき揚げランチ。

この季節だけの献立。

新鮮なアスパラガスに、砕いたおかき(お煎餅)を衣にして揚げてあります。

おかきの塩味とカリカリ感がたまりません。

 

帰宅してからテレビで海老蔵の記者会見を見てます。

小さな子供を残して逝かなくてはならなかった麻央さんの無念、痛々しいです 悲しい

 


「紫陽花」

 

「どこも紫陽花ばっかりね。」

「でも色も種類も色々で、どの花も楽しいわ。」

 

昨日の雨が激しかったので、盛りを過ぎた紫陽花も鮮やかです。

 


「釜竹」

国立博物館の前に、根津【釜竹】でざるうどん。

夏のような日を歩いたので、一ノ蔵の冷酒をちょこっとだけ。

お蔵を使った店内に通されて、ワクワクムード

うどんはコシがあって食べごたえがありました。

 


「初夏」

トキワツユクサ

はかなげな名前なのにたくましく蔓延る。

常葉(トキワ)とは常に枯れない事。

なるほど、寒い季節も葉っぱが元気でした。

 

 

キキョウソウ

 

ガマズミ

 

キンカン

 

初夏の風が気持ち良いうちに、自転車で雑用をいくつか済ませてきました。

久しぶりにオーガニックランチ。

 

戸袋にムクドリが雛を産み付けて困りました。

ピヨピヨがガーガーになっても出て行ってくれませんでした。

追い出しても飛べなかったら生きていけないかも知れないし。

馴染みの工務店さんが「雛がいなくなったら戸袋をはずして巣をどけてあげるよ」

やっと巣立ってくれたようです。

戸袋の中、枯草や鳥の糞で大変です冷や汗

 

 


「蛍」

ご近所カフェの折り紙教室。

今回はホタル。

三角の折り紙で小さなホタルを七匹作ってお尻にボンテンをくっつける。

今回は細かいけど簡単。

でも夏草を貼るのにセンスを問われるようで悩む。

 

できあがったら手作りのケーキでカフェタイム。

今日のケーキもおいしい!ホットコーヒー 嬉しい グッド

 

子供のころのホタルの思い出。

母の実家に行くと年上のいとこが裏の田んぼに連れて行ってくれた。

田んぼにはホタルが飛び交い、止まっているホタルもたくさん。

あぜ道から竹ぼうきで草むらをひと撫ですると箒にホタルが何匹もくっついてくる。

寝る時に、蚊帳の中にホタルを放してもらって大喜びした。

 

とても小さい頃の思い出。

あまりに朧すぎて夢だったような気もする。

思い出すととても豊かな気分になる。


| 1/62PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others