「伊場仙」

 

明日からまた暑くなりそうです。

歌舞伎座で買った伊場仙の団扇、出してきました。

 

伊場仙、江戸日本橋で創業。

確かな創業年は不明。

寺の檀家記録からわかった初代伊場屋勘左衛門の生年、天正18年(1590年)創業とする。

団扇に絵柄を付けるため、浮世絵の版元を始める。

初代歌川豊国、国芳、広重などの作品を出版し「伊場仙」の名を高めた。

 

江戸団扇、粋ですね。

428年も続いている老舗です。

千代紙を買いに行ったことがあります。

近代的なきれいなお店でした。

 

オリヅルラン

 

八重咲ドクダミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマアジサイ 日に日に色が鮮やかになる。嬉しい。

 

サクランボ、ブドウ、桑、謎の植物。

初夏の日差しに果実がキラキラしています。


「ベスの思い出」

 

久しぶりに糸井重里氏の『ほぼ日刊イトイ新聞』を開いてみたら、愛犬のブイヨン、死んだそうだ。

11歳と4か月。ちょっと早かったんじゃないかな。

『ブイヨンの思い出』というコーナーがあった。

ジャックラッセルテリアのブイヨンは狩猟犬で、シェットランドシープドックのベスは牧羊犬。

ちょっと性格は違うけど、共通点もあって、それぞれ元気だった時はサイトでブイヨンの行動を見るのが楽しかったです。

https://www.1101.com/pl/060216kimagure/index.html

 

『ブイヨンの思い出』のたくさんの写真をまねて、ベスの写真を集めてみました。

改めてちょっと哀しくなりました。

当たり前の存在なんて無いんですね 。しょんぼり

 


「T社長の手紙」

25年ほど前、テキサスに滞在していたころ、日本の友人達に毎日のびっくりしたこと、失敗したこと等をワープロでジャーナル風なものを作って送っていました。

なぜか結婚の前後に勤めていた会社の(元)社長にもお送りする羽目になりました。

(元)社長は新しいことが大好きな面白い方でした。

ワタシのドジ話の手紙を面白がって、せっせと手紙を下さいました。

凄い達筆でエアメール用の薄い便箋にびっしり書いてあって、読むのは楽しいけど大変。

押入れを整理していたら出てきたので、改めて読んでみました。

 

『日本の子供たちの受験戦争、之はまったく大変なことですね。私のマンションでも小学校の小さな子がとぼとぼ塾から帰ってくるのに出会います。笑うこと、大きな声を出すことさえ忘れているような子供たちを見ると、将来どんな青年になるのか、妙に心配になります。』

『健保制度については米国がそんな状態とは知りませんでした。日本の制度は患者にとって極めて都合よく出来ていますが、反面、無闇に医薬が浪費され、日本の長者番付の上位に医者や薬屋がなっています。傲慢な医者が薬漬けの病人を創り出したのは日本の健保制度の落ち度でもあります。』

 

官僚の汚職問題、米国の未来学者アリビン・トフラーの戦争と平和の和訳本を読んだこと。

円高問題、外国人労働者の問題、PKO問題、身障者問題。

天下のご意見番みたいな論説を毎回びっしり書いて送ってくれましたびっくり

戦中派の思想は激しく熱いなぁ…と感動したものでした。

でも…読むのはちょこっと疲れました(笑)。

 

今の日本の問題、T社長ならどう論じただろうか。

そういえば今日は憲法記念日。

テレビでも憲法の事を盛んに討論。

現在の憲法は重視すべきか、改正は必要か。

どっちにしても平和が良いなあ。

 

T社長は10年ほど前に亡くなりました。

ご家族からの知らせには、社長の遺志で、献体したとありました。

 

出かけて帰ると山並みと小川が迎えてくれる。

いつもほ〜っとする景色です。

 

 


「朗読&地唄舞の会」

昨年に続いて、2回目。

上野桜木市田邸で田中泰子さんの朗読と地唄舞を楽しむ会。

山本周五郎作『不断草』

藤沢周平作『山桜』

どちらもお家騒動と絡んだ若い武家の妻の哀しさ。

流されるのではなく、自分で選んだ道を毅然と生きる。

地唄舞は『春日影』。

地唄舞は能の影響を受けた舞踊だそうです。

動きは少ないけど凛として美しい。

 

 

朗読の技の確かさに心を動かされて、気づいたら涙ぐんでいました。

 

 

 

市田邸は明治45年築の呉服問屋の別邸。

NPOの活動で保存活用されています。

朗読の合間は今回もドリンクタイム。

コーヒーやお茶だけでなく日本酒やワインもあります。

ワインをいただいて後半はほろ酔いでした。

 

 

会の始まりは2時から。

根津駅前でアヒージョのランチ。

前菜のキッシュ入りのサラダとスープもついて1000円でした。

 

 


「キラキラ✨」

プロ野球、詳しくないし、あまり興味もないんですが、大リーグの大谷翔平くんの活躍、楽しみ。

凄いことをしてるのに、何だか楽しそう。

羽生結弦選手の凱旋パレード、ごみを持ち帰ったファンが多かったって。

若いアスリートたちの笑顔はキラキラして良いものです。

 

もうすぐ5月。

初夏を思わせる日差しもキラキラしています。

何だかとっても嬉しい日です。

 

 

ヘビイチゴ

 

コメツブウマゴヤシ

 

 

 

アメリカフウロ

 

ニセアカシア

 

スズラン

 

紫蘭

 

アカバナユウゲショウ

 

ニワゼキショウ

 

 


「フランダースの犬」

高畑勲さんの追悼の記事

『.........................

その人の感性は続く「フランダースの犬」に生きたという。

ハッピーエンドの物語も出回るなか、原話どうりの悲劇になっている。

ネロとパトラッシュが聖堂の冷たい床に身体を接して横たわり、眠りにつくシーンは…。』

アニメでも絵本でも児童書でも、この最後のシーン、ダメなんです。

読み上げると必ず胸がいっぱいになって涙声になっちゃうんです。

こんな短い一文でも声が震える。

なんでだろう…。

 

 

八重桜、花びらが降りしきってます。

ベランダも庭も玄関も花びらだらけ。

きれいだわ…と喜んではいられません。

貼りついたり、舞い込んだり、けっこう大変です。

 

 

ホウチャクソウ(宝鐸草)

 

 

マツバウンラン(松葉海蘭)

 

セリバヒエンソウ(芹葉飛燕草)

 

ヤマホロシ

 

ヒメウツギ

 

ミヤコワスレ

 

クレマチス


「月照さま登場」

菊之助くん、久しぶりの大河ドラマ出演。

雅びなBGMで「世の中の生きとし生けるものは〜」とか美声で歌ってゆったり登場ぴかぴか

画面の空気が一瞬にして変わる。

『眉目清秀、威容端厳にして、風采自ら人の敬信を惹く』

 

西郷どん、見とれて目をぱちくりするとときめき、Ω\ζ°)チーンと鉦が鳴る。

かぐわしい香りが漂っているらしい。

汗臭そうな西郷どんとの対比が面白い。

目を伏せて微笑みを浮かべているけど、考え深そうに眉間には皴。

ただものではないお坊さま。

月照さま、これから惨い境遇になるらしい。

尊王攘夷派として一橋慶喜を将軍とすべく活動して安政の大獄で迫害され、入水して果てる。

今からハラハラしています悲しい

 

 

タンチョウソウ

 

ロドレイア

 

シラユキゲシ

 

クサノオウ

 

ポポー 果実は食べられるらしい。

 

 

 

八重桜を見せたくて友人を呼んだ。

久しぶりにご近所カフェのランチ。

本当に丁寧なお料理です。

 

 

 


「八重桜」

った

せっかちな桜が散って、八重桜が咲き始めました。

寂しいなぁ…と思っていた空が華やぐ。

八重桜、嬉しいです ムードるんるんムードるんるん

 

 

今年もご近所カフェでお花見ライブかわいい

藤沢を拠点に活動しているてつろうさんのライブです。

小さなカフェで聴くライブはとても楽しくて贅沢なひと時。

歌を満喫した後は手作りスイーツ ケーキ ホットコーヒーティータイムですラブ

素敵な歌声をもっと聞きたくてCDを買いました。

 

ムードるんるん桜が待っていてくれました(^^♪るんるんムードるんるん

(いえ、てつろうさんのライブの為に咲いてくれたんですよ。)

 

 

 


「お城の日」

 

4月6日はお城の日だそうです。

小田原城。

お城に桜は良く似合う。

でも武士の時代に桜は植えられていなかったそうです。

桜の根は石垣を傷めます。

敵が侵入してきて隠れることもできます。

武士たちが城を去るときに名残に桜を植えていったと聞いたことがあります。

納得できる節ですが、やっぱりお城に桜は良いなあ。

 


「あんパンの日」

4月4日はあんパンの日だそうです。銀座木村屋の創業者、木村安兵衛が、パン酵母の代わりに酒まんじゅうをヒントに酒種を生地に混ぜて発酵させることを思いつきました。

1875年4月4日、向島百花園に花見に来ていた明治天皇に献上して喜ばれたそうです。

その日にちなんで、4月4日はあんパンの日。

木村屋のあんパンはおへそみたいに塩漬けの桜の花が埋め込まれていてたまりません。

来年はあんパンをもってお花見したいな。

 

鹿児島名物 かるかん、いただきました。

島津家庭園仙巌園のお土産だそうです。

 

 

 

 

 

 

のらぼう菜、いただきました。

辛子マヨネーズで食べました。

 

 


| 1/67PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others