「大「茶の湯」展」

国立博物館 大「茶の湯」展。

確かに[大]が付くにふさわしい、たくさんの展示品。

第一会場は、足利将軍家の茶湯−唐物荘厳と唐物数寄等

第二会場になって、千利休や小堀遠州等の茶碗がどんどん出てくる。

後半は、ばてちゃって鑑賞する気力体力が足りなくなった。

根津神社に寄り道をしたのを後悔しました。

 

志野茶碗  銘 卯花墻 国宝 

三井記念美術館で何度かお目にかかりました。

暖かくて華やかで、大好きな茶碗です。

油滴天目 国宝

大阪市東洋陶磁器美術館、この美術館には安宅産業のコレクションが収蔵されていると聞いたけど、これもそうなのかな。

 

大井戸茶碗、これも国宝

 

黒楽茶碗 銘 ムキ栗 長次郎作  重文。

とっても古いのに、形が新鮮

 

青磁輪花茶碗 銘 馬蝗絆(ばこうはん) 重文

きれいな色です。

これ以上のものは無いので、壊れたけどホッチキスみたいなもので修理してます。

 

 

本阿弥光悦作 銘 時雨。

琳派の芸術家で、蒔絵や書画などにも素晴らしい作品を残しているだけあって、光悦作の茶碗はとても魅力的。

 

茶道具展で残念なこと。

手に取って掌の中に包んでみたくなる。

口縁に唇を触れたくなる。

国宝でも【道具】なのです。

こんなお茶碗で抹茶をいただきたいものです。

 

 

国宝 紅白芙蓉図 南宋時代の画。

利休以降の侘茶席では禅語の軸を茶掛けにするようになりました。

 

人の波に疲れた時は、お隣の法隆寺宝物館でほっとするのが好きです。

 

 

 

 

 

 

 


「華道展」

華道を教えている友人に招待されて、シリウス(やまと芸術文化ホール)に神奈川県華道展。

1次、2次、3次、それぞれ毎回115作品。

個性的なもの、華やかなもの、古風なもの、どれも見事です。

 

若い頃、ちょこっとだけ華道を習いました。

アイデアを作品にすること、伝統的な活け方をきちんといけること、どちらも難しい。

昔習っていた時に苦労したことを思い出しました。

剣山を使わずに(私の流派では)コミの木を割って花器の口にはめて槇の木や松、葉蘭などを固定する。

なかなか上手くまとまらず、ヒステリーを起こしそうでした。ショック

 

草月流、古流松月会、宏道流、小原流、古流松藤会、相阿彌流、池坊、桂古流、龍月古流、宣法未生流、千家古流、嵯峨御流、

條風竹胴流、広山流、向雲流、花芸安達流、東山源氏千家古流、千秋流、日本生花司松月堂古流、正祖古流白鶴会…その他色々。

華道の流派ってたくさんあるのねえ!!!

 

ここまでの作品を作るまでの修行は大変だったと思います。

続けること、続けられること、すごいなと思います。

 


「弥生美術館 長澤節展」

弥生美術館で生誕100年長沢節展。

「細くて軽くて弱いからこそ美しい」

あの時代に、男性にも優しさ弱さを求めた感性はすごい。

ウーマンリブは女性が強くなって男性に拮抗すること。

長沢節は、男性が優しくか弱くなって女性と同等になることを提唱。

 

主催したファッションイラストスクールのセツ.モードセミナーはこの春閉校したそうです。

セツ先生のカリスマ性を受け継ぐ後継者はいないそうです。

80才を過ぎて描いたイラストも生き生きと流れる線が若々しい。

 

ギャラリートークには卒業生達も登場して思い出話を色々話してくれました。

お洒落なイラストに囲まれて、若い頃にあこがれた世界にワープしたような快感。

 

 

 

節先生とツーショットを撮れます(等身大の写真です)。

 

根津駅近くで海鮮丼のランチ。


「エリックカール展」

世田谷美術館でエリック.カール展。楽しい

『はらぺこあおむし』は図書館から借りて子豚たちに読んであげた記憶がある読書

美術館で、色鮮やかな絵本の原画に圧倒されました赤りんご青りんごさくらんぼバナナよつばのクローバー

どの絵もとても楽しく暖かい色で、眺めていると何だか幸せ気分チューリップ

色を付けた紙をコラージュする手法だとか。

シンプルだけど複雑な色を出せるのはそのテクニックらしい。

 

エリックカールの絵本、もっと見せたかったな。

私も見たかったな。

ストーリーがとても気になる。

 

 

 


「近代美術館 茶碗の中の宇宙」

初代長次郎から当代(15代)吉左衛門まで、楽家一子相伝芸術

 

初代長次郎が利久から依頼されて作った赤楽茶碗

銘 太郎坊

 

 

3代 道入 黒楽茶碗 銘 青山

 

光悦 赤楽 銘 乙御前

 

15代吉左衛門  焼貫黒楽茶碗 

銘 「縦裂は苔の露路 老いの根を噛み」(?)

 

初代長次郎の茶碗は小振りで手のひらで包みたくなる。

唇を当てたら快感だろうなと思わせる。

 

当代吉左衛門の前衛的な茶碗ではお茶を飲みたいとは思わないな。

一子相伝のお家柄、伝統を受け継ぎながら個性をだすのは難しいのだろうな。

 

 


「日本の考古 」

 

春日大社展のついでに、『日本の考古』

何しろ楽しい土偶や埴輪。

おおらかな作風に、見ているとつい微笑んでしまう。

 

係の人に「本物ですか?」と聞いたら

「はい、良い状態で発掘されていますから。」とにっこり答えてくれました。

 

国宝もたくさんあるのに、ほとんど撮影OKです。

 


「春日大社 千年の至宝」

 

 

春日大社展、行ってまいりました。

 

お目当てはこのきらびやかな鎌倉時代の大鎧。

義経もこんな鎧を身につけたのだろうか。

2/14〜2/19には4領の国宝の鎧が揃うらしい。

本日は左の2領だけ。

ちょっと残念です。ケチケチしないでずっと揃えて展示して欲しいなあ。

 

 

金地螺鈿毛抜形太刀

猫が雀を捕る好況を描いてあります。

猫好きだったという藤原頼長(1120〜1156)が奉納したのではないかと言われています。

 

 

鹿図屏風 

 

瑠璃燈籠 2万個のガラス玉を連ねて復元されています。

 

 

最後の展示室は若宮祭礼の芸能。

一昨年に見たおん祭りの装束や面など。

おん祭りの様子の映像もあり、「すごいお祭りねえ」なんてびっくりしている人もいる。

(行ったもんね、見たもんね)とちょっこっと優越感。

 

http://bfwm.jugem.jp/?eid=1651

 

 

 


「日本の伝統芸能展」

歌舞伎座第三部(18時半開演)を見る前に、三井記念美術館『日本の伝統芸能展』国立劇場開場50周年記念。

舞楽面、雅楽器、花見歌舞伎図屏風、芝居絵、文楽人形首、歌舞伎衣装など。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

能面『孫次郎(おもかげ)』(重文)

特別な部屋に特別な展示。

確かに素晴らしい。

いろいろな方角から見とれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもは舞台でしか見られない歌舞伎衣装。

縫い取りや刺繍がとても豪華。

 

黒綸子雪持ち南天雀文様打掛(五代目歌右衛門使用)…政岡

黒綸子雪持松文様羽織着付(六代目菊五郎使用)…松王丸

黒地呉絽服連地雲竜宝尽文様唐人服(7代目幸四郎使用)…毛剃

木綿地龍丸格子文様羽織着付け(7代目幸四郎使用)…意休

寄せ裂着付(7,8代目中車使用)…俊寛

 

俊寛は平家を倒そうとして鬼界ヶ島に流された貴族。

舞台ではボロボロで茶色の若芽みたいな衣装。

でも、もとは貴人なのでよく見ると錦様の衣装のつぎはぎ。

なるほどね。


「香月泰男と丸木位里・俊、そして川田喜久治 」

129号線を15kmくらい車を走らせて、平塚美術館。

香月泰男のシベリアシリーズ

丸木位里・俊夫婦の原爆の図

川田喜久治の地図

 

 

 

香月泰男、1943年応召から1947年までのシベリア抑留体験。

飢餓と強制労働、極寒の極限状況を描く。

木炭を使った黒い画面に哀しい顔が浮かぶ。

憎しみとか苦しさでなく、ひたすら悲しい顔です。

 

「月と太陽のありがたさを、私は満州に征き、シベリアに連れて行かれて知った。

この太陽は、月は今しがた下関の家族等が仰ぎ眺めたであろうものかとたまらなくありがたく、なつかしく拝されたものである。

兵にとって、戦争とは郷愁との戦いでもあるのだ。」

 

 

原爆の図

日本画家・丸木位里と洋画家・俊夫妻が1950年から1982年にかけて夫婦で共同制作した全15部の連作。

今回の展示はその中の6作。

実物大の人物が描かれた屏風形式。

見つめるだけです。言葉が出ません。

「900人ほどの人間像を描きました。

たくさん描いたものだなと思いました。

けれど広島で亡くなった人は26万人なのです。

一生かかっても描きつくすことができない数であったと気が付きました。」

 

川田喜久治

1965年発行の写真集『地図』

原爆ドームの壁のしみや特攻隊員の遺影など。

神風特別攻撃隊員が親に送った遺書の写真。

コラージュされているから全文はわからないけど、書き出しは「母上様」最後は「お元気で」。

胸が締めつけられた。

 

 

平塚美術館の楽しみはカフェレストラン。

家で即席ラーメンを食べてきちゃったから、ケーキセット ホットコーヒー ケーキ ムード

 

 

 

 


「 山岸涼子展 」

 

 

弥生美術館で山岸涼子展。

若い聖徳太子の苦悩を描いた漫画『日出処天子』。

大好きな漫画で、全巻揃えて何度も読み返しました。

非凡な学識や超能力を持っているが、孤独で愛情に飢えている哀しい美少年。

(厩戸皇子悲しい、かわいそうなのですぅ〜!)

 

山岸涼子の原画、ペンの流れも彩色も繊細できれいときめき

ひたすら見とれました。

 

アラベスクなどのバレエをテーマにした漫画の原画も美しく、流れるようでいながら安定したポーズは見事です。

 

お隣の東京大学でランチ。

日曜日なので開いているレストランが少なく、弥生門の警備員さんが教えてくれた学食で和定食。

太刀魚のかば焼き、揚げ出し豆腐、豚汁で680円。

トレーを持って列に並ぶのもなんだか楽しい。

 

 

 


| 1/10PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others