「渦 妹背山婦女庭訓 魂結び」

DSC_2153.JPG

だいぶ前に買っておいたのにやっと読み終わった。

 

道楽者の父親以貫に幼いころから道頓堀の竹本座に連れていかれた穂積成章。

すっかりはまって浄瑠璃を書きはじめる。

父親から近松門左衛門の硯だというものを譲り受けてますます浄瑠璃を書くことにのめり込み、勝手に近松半二を名乗る。

他の作者たちと競ってよい作品を書こうと悪戦苦闘する。

作家仲間との出会いと別れ、奈良の造り酒屋に嫁いだ幼馴染の女性の生き方、煮売り屋をしながら明るく半二を支える妻のお佐久。

苦しみながら、ある時、渦に巻きこまれたように『妹背山婦女庭訓』を書き上げる。

登場人物の会話は大阪弁。浄瑠璃の中のヒロインお三輪も大阪弁で半二の心に語り掛ける。

何だか言葉がとても調子が良くってあったかい。

 

妹山背山を背景に吉野川を挟んでの若い恋人同士の悲劇。

大時代物に突然広がる世話物の世界。

御殿の間、お三輪の嫉妬に狂った血が大悪人蘇我入鹿を倒す。

 

歌舞伎で何度も見た名場面だけど、元は繰浄瑠璃(文楽)。

文楽の妹背山婦女庭訓も見てみたいな。

 

 

 

 

 

 


「落花狼藉」

20200201_2985379.jpg

何しろ表紙の絵がきれいだったので、図書館で借りてみました。

大好きな作家、朝井まかてだし。

でも期待したほどではなかった。

 

徳川家康が薨去したばかりの江戸。

庄司甚右衛門が幕府に陳情して日本橋近くに遊女屋を集めた遊郭設置を作る。

江戸市中は拡大し続け、吉原は浅草寺裏の日本堤に移転させられる。

明暦の大火など火災にも何度も見舞われる。

幕府の支配や規制なども乗り越えて吉原は華やかにしたたかに生き延びていく。

 

主役は甚右衛門の妻、かよ。

かよは幼いころに甚右衛門に拾われて育てられた娘。

骨太で色黒で、剣術の真似をしてからんできた男たちを打ちのめす。

遊女にはなれないね、ということで甚右衛門の妻になって遊女屋の切盛りを手伝うようになる。

 

遊女の若菜が子を身ごもる。

かよや遊女が産着や襁褓(おむつ)を縫って、母となる若菜を応援する。

遊女達だから、肌襦袢も絹。縫った産着もおむつも絹。

赤ん坊には使えないね、ということで遣りて婆のトラ婆が腹帯の晒でさっと産着を縫う。

でも若菜は女児を産み落として亡くなってしまう。

それぞれの希望と落胆が切ない。

 

 

表紙のような華やかな花魁姿は江戸時代も最後のはず。

ちょっと気持ちが忙しかったせいか、のめりこめない小説でした。

 

 

 

 


「ときどき旅に出るカフェ」

DSC_1880.JPG

本当に同じ著者なのかな。

「胡蝶殺し」とか「二人道成寺」とか歌舞伎の世界の闇を描いたミステリーでゾクゾクさせられました。

この作品もラストはちょこっとミステリー。

 

オーナーの円は小さなカフェを営んでいます。

月初めにはお店を休んで旅行して、外国の珍しいお菓子や料理を勉強して提供します。

ふとしたことから、瑛子はもと部下だった円のこの店が近くのあるのを知って通い始めます。

若くはない独身の瑛子には、居心地の良いお店です。

 

文中に出てくるお菓子がおいしそう。

苺のスープ、ロシア風チーズケーキのツップフクーヘン、塩漬け卵黄の入った月餅、大根のカレー、オーストリアのケーキのドボシェルタ。

炭酸飲料のアルムドゥドラーは爽やかそう。瑛子は薦められて白ワインを割って飲む。

 

さりげなく気遣う円の接客。

それほど社交的でなかった瑛子が心を開く。

こんなお店が近くにあったらいいな。

待てよ…ケーキを食べ過ぎる危険性がある。

 

静かに淡々とお菓子を焼く円も最後には闘います。

いつの間にか心の中で(負けるな!)と応援していました。

 

 

 

 


「草々不一」

20191219_2963654.jpg

朝井まかて著『草々不一』読み終わった。

 

この作者、江戸時代に生きていたんじゃないかしら…なんて思うほど登場人物が生き生き。

 

〇武士を捨て、おデブの売れっ子芸者と暮らす信次郎、家督を継いだ兄の非業の死を知る。

〇商家に奉公に出された貧乏御家人の三男新吉、長兄次兄が亡くなって突然家督を継ぐことになる。

身を粉にして丁稚奉公にもやりがいを感じていたのに、武士になったら上役の屋敷に顔を出してじっとお役にありつくのを待つだけ。

〇格上の武家に婿養子の入った平九郎、高慢な妻に戸惑いながらも実は内気な彼女の心底を知る。

〇代々江戸城の膳所台所人を勤める伊織、貧しいが腕はいい。大奥のお年寄りへの料理には秘密が。

〇賢妻と伝えられる大石内蔵助の妻りく、実はのんびりでちょっとわがまま。飼い犬の目で見る。

〇妻に先立たれた隠居忠左衛門、漢文だらけの妻の遺書を読むため手習い所で学び始める。

 

江戸時代に活躍した身分の高い侍なんてほんの少し。

殆どがこんな風に退屈なお役についていたんだろうな。

何だかしょぼくれたお侍がご近所にいるような気がしてきた。

 

 

 

 

 

 


「平成の藝談」

犬丸治著 「平成の藝談」読み終わる。

 

『平成の世の終わりには、第2世代、第3世代が渾然一体となって歌舞伎を支え、新装なった歌舞伎座を支えていくはずだった…。

18代目勘三郎、10代目三津五郎、12代目團十郎が相次いで亡くなった。

團十郎は歌舞伎の神木であり、歌舞伎を大局的見地から眺めていくであろう人であった。

勘三郎は劇界の麒麟児として、三津五郎はもはや名人の域に達したその踊りで、先人の芸を第4世代(幸四郎、松緑、海老蔵、菊之助、勘九郎、七之助)らに受け継いでいく、いわば橋渡し役だった。

三津五郎自身が勘三郎の弔辞で述べた「肉体の芸術ってつらいね。そのすべてが消えちゃうんだもの。」』

あの頃のあの役者たちの逝去は本当に悲しく残念でした。

 

本文の7代目梅幸、2代目松緑……藝談を読んで、思い出にある舞台が恋しくなった。

こだわりの名舞台を若くて何も知らずに見ていました。

何だかとてももったいない。

 

7代目菊五郎サマは仮名手本忠臣蔵6段目の茣蓙を巻く段取りをにこだわってみたらしい。

「勘平の心理をリアクションで見せてもいいと思ったら、やりやすくなった。」

この勘平、著者の犬丸氏が劇評でも絶賛。

「…五体に熱湯…の懊悩など痛切である」

 

平成28年のこの国立劇場の舞台、私も見に行って、理屈は分からないのにとても惹き込まれた。

本を読んで、同じ舞台を改めて見に行きたくなった。

とても自然に勘平の悲劇を演じていたけど、緻密な演技への考察があったのね。

 

絵や彫刻なら、感動した作品をまた見に行くことができる。

舞台芸術はその刹那消えてしまう。

これから見る舞台、瞬間瞬間をいとおしみながら観劇することにしよう。

 

20190812_2894230.jpg

 

 


「茶の湯事件簿」

大河ドラマの原作にもなった『天地人』の作者でもある人気歴史作家、火坂雅志の作品だけに、とても面白く一気読み。

覇王信長の名物狩り

松永弾正と平蜘蛛の釜

下剋上の茶人、今井宗久

天涯一人の茶人、荒木村重

博多の梟商、島井宗室

人生の達人、千宗旦

埋木の茶の湯、井伊直弼

……………………等々

 

桃山時代のノ貫(へちかん)は変人で、粥を炊いた釜を洗って茶の湯を沸かしたり、落とし穴を作って招いた利休を泥だらけにして風呂を提供する。「茶は楽しんで飲むのさ。道具に目を奪われては茶の深い味わいが判らぬ」

北野大茶会で、大きな朱傘を立てて茶を提供して周りをびっくりさせたのはノ貫が最初だそうです。

今は野点の朱傘はよく使われます。

 

権力者に近づきすぎて破滅した利休から学んで、淡々と極わびの道を進んだ孫の千宗旦。

「茶の湯は我が身の理を知りて分に相応するを本意とす。」

お金持ちは豪華に、地味好きは地味に。

色々あって良いのだ!

 

娯楽的な軽い作品だと侮って読んだら、中々深い。

出版社は淡交社。裏千家の月刊誌『なごみ』に連載していた作品らしい。

なるほど…。20190315_2796750.jpg


「鼓に生きる」

20190228_2785839.jpg

歌舞伎囃子方、田中佐太郎さん著の「鼓に生きる」読み終わった。

昔々、彼女も私も少女だったころ「親子鼓」という番組を見て、田中流家元の父親から厳しい指導を受ける佐太郎さんの映像を見てショックを受けました。

同じ世代なのに、こんなに真剣に生きている女性がいる!

それから歌舞伎を見に行って、筋書きの囃子方の欄に佐太郎さんの名前を見つけると(あの黒御簾の中にいる♬)と耳をそばだてたものでした。

それからずいぶん経ってから「鼓の家」という番組で、佐太郎さんが3人の息子を育てながら鼓に向かっているのを知りました。

何しろぶーふーうーの母ですからね。

年の近い男の子3人を立派な鼓奏者に育て上げたことに感動と尊敬。

厳しい稽古が済んだ後、3人の息子たちを笑顔でぎゅっと抱きしめてあげるところがとても良かったです。

番組で佐太郎さんが言っていた事「ティーンがつかない12歳までが大事。」

なるほど13歳からティーンエイジャーです。

 

 

夫の亀井忠雄氏も能楽師葛野流太鼓方。

文中の二人の結婚前のエピソードは普通の恋人同士みたいで微笑ましい。

能楽堂の楽屋口で出待ちしている佐太郎さんが何とも可愛い。

忠雄氏は、見に来てくれなんて言ってないと言う。

佐太郎さんは、待っているように言ったのは忠雄氏だと言う。

見事な夫婦が互いを尊敬してそれぞれを大切にしているのは素晴らしい。

 

3人のご子息はみな素敵です。

長男広忠氏は父親忠雄氏の後を継いで、能楽師太鼓方葛野流家元。

次男は歌舞伎囃子方田中流家元田中傳左衛門氏、三男は歌舞伎囃子方傅次郎氏。

 

我が家の子豚たちと同様に三人の性格が違って面白い。

長男広忠氏は厳しい稽古でも絶対に泣かなかった。

次男傳左衛門氏は涙をぐっとこらえていた。

三男傳次郎氏は笑ってごまかす。

 

彼たちが開催した勉強とチャリティの公演『三響会』に何度か足を運びました。

能楽と歌舞伎の鳴り物が融合して、歌舞伎俳優や能楽、狂言の若手も協力する楽しい公演でした。

 

実感…お手伝いさんもおかずに年子の3人を育てて、鼓の修行や指導も継続している。

本当にスーパーウーマンだわ😲❣❣❣

恐れ入りました😖。

 

 

 


「日本人の肖像」

図書館に寄ったら予約してあった本がドサッと準備してあった。

困ったことに、やらなきゃならないことがあると開き直って本を読みたくなる。

でも、2週間で10冊、無理だよな…。

 

葉室麟の対談集『日本人の肖像』

「源平争乱」「女帝の世紀」「日本人と憲法」等々。

中でも「柳川藩 立花家」

柳川御花に宿泊したことがあります。

立花家が戦後お屋敷を料亭旅館にしました。

当時の女主人立花文子さんは生母が徳川慶喜の孫。

元気なお姫様文子さんは「何とかなるわよ」と明るく苦難の時代を乗り切りました。

 

戦国時代の名将立花宗茂のことを知らなかったのが残念です。20181230_2746650.jpg20181230_2746652.jpg20181230_2746654.jpg

残っていた春巻きの皮でサモサ風。

カレー味のポテトサラダを包んで揚げる。

友人と我が家で一杯。

燻りがっこタルタルソースにはまっています。


「時の名残り」

吉村昭に興味をもって、夫人の津村節子の随筆を読んでみた。

津村節子自身も芥川賞、女流文学賞など受賞した作家だけど、あまり読んでいないな。

吉村昭との思い出話もたっぷり。

 

どちらかというと夫君の吉村昭の作品のほうを読んでいる。

初めて読んだのは『ふぉん・しーぼるとの娘』

長崎に住んでいた時に地元の役場の図書室で借りた本。

長崎街道沿いの地名が出てきて楽しく読みました。

幕末の医師、高松凌雲を扱った『夜明けの雷鳴』

高松凌雲は大河ドラマ『獅子の時代』で菊五郎さまが演じた役。

五稜郭で敵味方なく兵士を治療したお医者さまで、かっこよかったんです(#^.^#)。

ドラマの後に小説を読むと、脳内で活躍するのは映像の姿。

ワクワクしながら読むのは邪道かなぁ。

 

蒸し暑いのでエアコンを除湿にしてひきこもり。

栗蒸羊羹で一服。

 

 


「おらおらでひとりいぐも」

 

雑然とした部屋で74歳の桃子さんは色々なことを考える。

16年間一緒に住んだ老犬が身罷ってから、柔毛突起があらわれた。

不思議な音が聞こえて、色々なことを思い出す。

大好きだった亡夫の事、妻として、母親としてちゃんと生きてきたこと。

でも自分とは何だろう。

脳内ではなぜか若い頃の岩手の方言で語る。

 

主人公の桃子さんはちょっと年上だけど、偶然にも去年見送った飼い犬の年齢も同じ。

部屋の散らかり具合にどきっとして部屋を見渡した。

(小説の文章ほどはひどくないよなあ…(-_-;))

地球46億年の歴史が大好きな桃子さん、過去と未来を考える。

おらはおらである。まだ戦える。まだ終わっていない。

白い雲、指のささくれ、なんだって意味がありありがたい。

 

漢字が少なく字も大きめ。

東北弁の響きは何となく懐かしい。

純文学は苦手で、芥川賞作品なんて…と敬遠していたけどほっこり勇気の出る作品でした。

見かけはくたびれたおばあちゃんでも、一生懸命生きて、青春があって、けっこう哲学的なことも考えているのだ。

 

 

 

 

 


| 1/5PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others