「弁天小僧❣」

地下鉄東銀座の改札を出たら弁天小僧。

木挽町広場への通路にも弁天小僧。

菊五郎さま、75歳の弁天小僧を見てきた。

実はちょこっと心配だったのです。

炭水化物抜きダイエットを頑張ったらしい。

なるほど少しすっきりしたようです。

 

さすがの極め付き弁天小僧。ときめきラブ

登場すると劇場内が掛け声と拍手に満ちて熱くなる。拍手

これが団菊祭なのだと我を忘れて一生懸命拍手してしまった。拍手

 

松也くんが父親の松助さんの持ち役だった鳶頭をさっそうと務める。

海老蔵が父親團十郎の持ち役の日本駄右衛門を務める。

「平成20年上演の團十郎の日本駄右衛門、三津五郎の忠信、先に逝ってしまって非常に寂しい。」

記者会見で言ってました。私もとても切ないです。悲しい

 

弁天小僧が振袖を脱いであぐらをかいて襦袢姿になつたら、日本駄右衛門が「かたりが現れてもびくともしない... 。」と言い出した。びっくり

弁天小僧、「ちょっと待った。」とさり気無く小粋に止めた。

(あれ?こんなセリフあったかな…???)

それから「番頭さん、たばこと煙管を貸してくれ」とか言って煙草盆を引き寄せる。

煙管を使って悪態をつき、日本駄右衛門に「定めて名のある者であろう」と問い詰められてから「知らざあ言って聞かせやしょう」と名台詞。拍手

片肌脱いで入れ墨を見せる。ときめきぴかぴか

手元に煙管がなくっちゃ格好がつきませんからねえ。冷や汗

ひょっとして海老蔵くん、とちったかな?

菊五郎サマの弁天小僧相手に初の大役。

彼でも緊張したのかな。楽しい拍手

 

極楽寺山門上での立ち廻りもスピード感は別にして、見せるべきところでのポーズはきりっと決まる。

片足での見得もぶれない。

菊五郎劇団のチームワークと暖かさをすごく感じる舞台でした。

 

 

 

劇場前の看板、菊之助くんの喜撰の写真を指しながら「月照さま!月照さま!」と若い女性が喜んでいました。

大河ドラマ『西郷どん』の僧月照さま、上品で儚くて素敵でした。

この喜撰のようなとぼけたお坊さまではありません。

 

 

ちょっと暑い日だったので、アイス最中。

 

お出かけ途中、バス停へ急ぐ道路脇にキキョウソウが咲いていました。

 

 


「裏表先代萩」

歌舞伎座昼の部、裏表先代萩

23年ぶりに菊五郎サマが時代物の仁木弾正と世話物の悪党小助を演じる。

23年前は国立劇場で乳母政岡も早変わりで演じたそうです。

仁木弾正の花道の引っ込みが見事だったと演劇雑誌で読んで、見られなかったことが残念でした。

今回は小悪党と大悪人の二役。

若君を殺すための毒薬を調合した医者を殺して大金を奪い、罪を他人にきせてけろっとしている小助。

お家騒動の張本人の仁木弾正、連判状を加えて忍術を使って悠然と花道を引っ込む。

ここのところ菊五郎サマの脚の具合が心配だったけど、それほど気になりませんでした。

小助役はお得意の世話物で生き生き、弾正は珍しい役だけど凄みと可愛らしさ(⁉)ラブ

 

 

時蔵の政岡、気品があるお乳母ぶり。

彌十郎、凄みのある憎まれ役八汐だけど何となく愛嬌がある。

錦之助、さっそうと裁き役の細川勝元でかっこいい。

それにしても、伽羅先代萩でも、この芝居でも、最後に深手を負った渡辺外記に舞いをひと差し舞わせる。

いつも(早く駕籠に乗せてあげて!)と思ってしまう。

 

仁木弾正の引っ込みが見たくて、東側の席をとった。

ひさしぶりの目出鯛焼き。

 

 


「梅雨小袖昔八丈」

 

菊之助くん、『梅雨小袖昔八丈、髪結新三』に挑戦。

ちょい悪な廻り髪結いで、大店白子屋の手代忠七と娘お熊をだまして連れ出し、身代金をだましとろうとする。

何とか30両で手を打つことになるけど、強欲な大家にうまうまと半分持っていかれちゃう。

 

粋な濃紺の着流しに、元結を襷にした廻り髪結い姿で登場。

忠七をたぶらかしながら、さらさらと髪を結いなおす手さばきが鮮やか。

菊之助くん、テレビ番組では、折り紙でもお料理でもさっと作ってしまいます。

器用なんですねぇ。

 

やり手の大家に言いくるめられて身代金を半分持っていかれてしまう場面が楽しい。

張り込んで買った初ガツオを「半分あげますよ」と言ってしまった新三。

「カツオは半分貰ったよ」と訳が判らないまま30両の半分まで持っていかれちゃう。

「どうも判らねえ…」と首をかしげる新三が愉快。

新三が「カツオを半分あげますよ」と言わなかったらどう云う展開になったんだろう。

 

おっとりたよりない手代忠七役の梅枝が好演。

『忠臣蔵外伝、本蔵下屋敷』ではお姫様で、見事に琴を弾いて歌います。

 

知盛(大物が浦)、与三郎、魚屋宗五郎、与兵衛(女殺し油地獄)、一條大蔵卿、今度は御所五郎蔵に挑戦するらしい。

女形がとても美しいので立ち役続きはちょっと寂しい。

今のうちに色々な役を勉強したいんだろうけど。

 

父親の7代目菊五郎も若い時は清純な女方だったけど、ワタシが子育てなどで歌舞伎を見られなかった期間に粋な立ち役に変貌していた。

30代から50代、ずっと見ていたらこんな寂しさを感じたのかな。

 

 

 

都内でも開花宣言かわいいムード

国立劇場の前庭にはいろいろな種類の桜が咲いています。

ちらほら咲き始めた桜の中で、早咲きの桜が見頃です。

 

 

ヒュウガミズキ

 

利久梅

 

 


「あぜくらの集い」

国立劇場「あぜくらの集い」台詞を楽しむかるた会、行ってきました。

チケットを優先的にとれるあぜくら会に入会しております。

時折会員向けのイベントがあるようですが、参加したのは初めて。

申し込んでもなかなか当たらないらしい。

 

坂東彦三郎さん、坂東亀蔵さん、美声のお二人が読み手で、歌舞伎の名台詞かるたを競います。

合間には楽しいお話も聞けて、とても楽しいひと時でした。

3人で一組のチーム、一番札をとったチームにはご褒美(袋の中に何が入っているのかなあ)(?_?)

サイン入り色紙の彦三郎賞、亀蔵賞。あぜくら会賞、国立劇場賞、それぞれ箱の中の札を引いて当たります。

何も当たらなかったけど、舞台で撒く手ぬぐいを貰ったから良いかな。

国立劇場のスタッフがお揃いの法被を着て、ゲームを進行したりお茶を配ってくれたり。

笑顔でサービスしてくれたのがとても嬉しい。

 

 

劇場売店でつい名台詞かるたを買っちゃいました。

絵札の芝居絵が素敵です。

誰と遊ぼうかな。

 

 

 

 

 

 

 


「通し狂言 世界花小栗判官」

 

今年も国立劇場初芝居「世界花小栗判官」見てきました。

初めに真っ暗な舞台にたくさんの星が流れて、馬頭琴の音も含んだ洋楽で始まる。

序幕発端は室町御所塀外の場。

夜の洛中で小栗郡領兼重(坂東楽善)が殺される暗い場面。

一転明るい春の御殿になって、小栗判官兼氏(菊之助)がさっそうと登場。

紅梅白梅を飾った華やかな烏帽子はイケメンの印。

(【源太勘当】では良い男の代表の梶原源太景季がこの烏帽子で出てきます。)

 

悪人達は、人食い馬とも呼ばれる暴れ馬で小栗判官を殺害しようとするが、判官は暴れ馬を鎮めて碁盤乗りの曲芸まで披露。

何といっても馬が可愛い 拍手

前足と後ろ足、それぞれ役者さんが入っているんだけど、判官になでられてすりすりするところなどとても可愛い。

馬の脚の三階さん(大部屋俳優)には飼い葉料とかいうご祝儀が出ると聞いたけど、重労働よね。

 

紛失した宝物と父の仇を探す小栗判官に、長者の娘お駒が一目惚れ。

判官と結婚できると思ったのに許嫁の照手姫が現れて半狂乱。

お駒役の梅枝が判官に首ったけの愛らしさ、嫉妬に狂っての恨みを見事に演じる。

 

色々あって…熊野権現の那智の滝で宝物も見つかりめでたし拍手 めでたし  拍手

..............なんだけど…。

華やかなお囃子で花道から登場してほしい長袴の菊五郎さま、御殿の下手からどっこいしょと登場。

すっぽんから登場して格好よく六法で引っ込んでほしいのに、晒布をぶん回す波四天達の間をチカチカぴかぴかぴかぴかぴかぴかと目がおかしくなりそうなライトと引っ込む。

(菊五郎さま、おみ足が辛いのかなあ)と気が気じゃない。

存在感と美声は充分健在なんですが しょんぼり.

 

 


「蘭平物狂」

 

【蘭平物狂】が見たくて歌舞伎座2部。

今月は3部制なので、ゆっくり出かけてのんびり帰れる。

ちょこっとだけ観劇料もお安くなります。

例えば…昼の部夜の部3Aのお席それぞれ6000円の席が3部制だと5000円で見られます。

でも…一つの席で1日6000円×2で12000円稼ぐ席が、1日で5000円×3で15000円稼ぐのです。

やるなあ、松竹。グッド

 

何回か見ている松緑の蘭平。

立ち廻りのキレがちょこっと良くないのは年齢なのか、お疲れなのか。

それとも私が期待しすぎたか。

でもその分息子繫蔵を想う情を強く感じる。

数年前に演じて「体力的にこれが最後かな」と覚悟したハードな演目。

息子の左近君に伝承しなくてはと気迫がすごい。

 

繁蔵役の左近君12歳、数年前の襲名時よりすらっと背が伸びて声変りが始まってる。

そろそろ子役卒業なのかな。

 

大薩摩、杵屋巳太郎の三味線が冴えて聞き惚れる。

 

3階ロビーで、久しぶりにめで鯛焼き

 

 

寒いのに、変なパフォーマンスをやってた。

何だろ。冷や汗


「通し狂言 隅田川春妓女容性ー御存梅の由兵衛」

国立劇場で吉右衛門の歌舞伎公演。

初代吉右衛門や吉右衛門の実父八代目幸四郎も演じた演目。

旧主の危機を救うべく、金策に奔走する由兵衛。

由兵衛の妻小梅が弟に金策を頼む。

弟長吉は奉公先の好意で調達して駆けつけるところを、由兵衛に出会う。

お互い顔を知らず、行き違いで由兵衛は長吉を殺害して金を奪ってしまう。

 

藤色の着流しに紫色の頭巾で吉右衛門が登場する。

片肌を脱ぐと襦袢は真っ赤。

吉右衛門73歳。鮮やかな色に負けない 若々しさにびっくりびっくり

 

菊之助くん、岳父吉右衛門の女房役で違和感がない。

二人で連れ添って歩く姿が愛情たっぷり。

お互い信頼しあってるんだろうなと嬉しくなる。

 

菊之助くん、女房小梅と丁稚長吉の二役早替わり。

二階の長吉と一階の小梅、お高祖頭巾と吹き替えの後ろ姿を駆使して、何回も見事な早替わり。

女形も立ち役も綺麗です 拍手 ときめき

 

国立劇場の嬉しいこと。

2700円のお席で花道がこんなに見えるるんるんるんるんるんるん

 

 

 

 


「 能『安宅』 義経・弁慶ー主従の絆ー」

国立能楽堂で、 長山桂三、桂諷会公演 能『安宅』他

 

舞囃子 『鞍馬天狗』桂三氏の息子12歳の長山凛三くん。牛若丸に兵法を教える鞍馬天狗を演じる。

鞍馬天狗なんだけど、まだ声変りをしていない美少年の凛三くんは牛若丸にしか見えないなあ。

清純な声が朗々と響く。華奢なのにぶれない舞い。

 

仕舞『実盛』『仏原』『船弁慶』

船弁慶を舞うのは女流能楽師、鵜沢久。

1949年生まれのきりりとした女性。

薙刀をふるって勇壮に舞う拍手

 

狂言『清水座頭』、舞囃子『頼政』

 

休憩の後に

能『安宅』、歌舞伎の勧進帳が大好きだからストーリーも知ってるし言葉も聞き取れる 拍手

桂三氏が弁慶、凛三くんが義経。能の義経は子方が勤めます。

こんなに可愛い義経なら守ってあげたくなるよな。

義経従者の山伏は8人も出てくる。(歌舞伎は4人)

「判官殿12人の作り山伏となって…」とあるから多くてもいいのだ。

桂三氏1976年生まれ。若いけど貫録、声も渋くて艶がある。

後半で舞われる延年の舞も迫力があります。

強力は野村萬斎氏。軽やかに舞台を進行させる。

 

色々公演のパンフレットやチラシを貰うと好奇心がムラムラ湧いてくる。

我慢しておこう。歌舞伎も見たいしね。

 

 

 

 

 


「大忠臣蔵」

1971年三船プロ制作。52回シリーズで当時のお金で10億円かけたそう。

さすがの三船敏郎。出演者も豪華です。

 

浅野内匠頭は当時28歳くらいの菊五郎さま、襲名前なので4代目尾上菊之助。

真っ直ぐで、きれいで、キラキラしてますぴかぴかぴかぴかぴかぴか

吉良上野介に意地悪され続けて刃傷して切腹…。

可哀想です〜悲しい

史実では色々異論があるそうですが、時代劇ですからね。

 

切腹をする田村右京太夫の屋敷には白裃に添えて、奥方阿久里が牡丹の花を刺繍した下着が届けられます。

小さな花の刺繍を見つけて、くっと唇をかむ内匠頭に胸がきゅ〜っとします。

奥方に会わずに死んでいかなくてはなりません。

特別に主従の別れを許された片岡源五衛門が滂沱の涙で見送ります悲しい

..............................................................................................

この場面、舞台で見覚え。

1970年歌舞伎座2月『風さそふ』

内匠頭(菊之助)が切腹の場に進む渡り廊下。

桜の根元にうずくまる片岡源五衛門(初代尾上辰之助)

「桜が見事でござる」と気配る多門伝八郎(10代目市川海老蔵)

泣きながら見たのを思い出します。 

........................................................................................

 

 

ドラマの大石内蔵助はもちろん三船敏郎。昼行燈じゃなくて、武芸の達人。

吉良上野介は先代市川中車。渋くて意地悪さにも凄さと気品。

 

阿久里の方は佐久間良子、美しく、ふるふると悲しむ演技が胸を打ちます。

源五衛門は江原真二郎、誠実な家臣役がぴったりです。

内匠頭を励ます痛快な脇坂淡路守は萬屋錦之助。

刃傷を聞いて「なにィ‼!」と叫ぶ声が魅力的。

 

これから中村翫右衛門(天野屋利兵衛)

勝新太郎(俵星玄蕃)など講談や歌舞伎で人気の登場人物もたくさん出ます。

 

国家老の大石内蔵助が賢すぎて立派すぎる。

あたふたする江戸家老達があほすぎる。

ありえない場面も多々あるけど、内匠頭が素敵 ときめきだからこれでいいのだ グッド

 

 

 

 

 

 

 

 


「歌舞伎座10月公演 マハーバーラタ戦記」

10月歌舞伎座昼の部、新作歌舞伎 『極付印度伝 マハーバーラタ戦記』を見てきました。

尾上菊之助くんが3年間構想を練って実現した作品です。

インド神話が歌舞伎???

だいじょうぶかな…と音羽屋ファンとしては老婆心。

 

緞帳が上がるとキンキラキンの神様たちぴかぴかぴかぴかぴかぴか

神様たちは、人間が争いをやめないので「世界の終わりが始まっている」と心配する。

太陽神と人間の姫との間に生まれた青年迦楼奈(菊之助)が争いをやめさせようと闘う。

 

お姫様が象に乗ってゆったりと登場する。

馬が引く戦車が走り回る。

(戦士を乗せた馬車を引っ張って走り回る馬の脚さん、大変!びっくり

竹本(浄瑠璃)と長唄にパーカッションやシロフォンが加わる音楽が不思議な世界を作り出す。

 

「永遠に続く時間の中で、有限な人の一生を繰り返す。」

「自分が置かれている境遇は天の計らいである。結果を恐れず実行せよ。」

華やかな舞台に見とれていたけど、台詞をかみしめると壮大な哲学を含んでいます。

 

菊五郎さま、74才「難しい名前がたくさん出てくるので覚えるのが大変」と言っていたけど、長いセリフも完璧です。

舞台の中心に立つだけで圧倒的な存在感。

まだまだ若手と思っていた七之助君が貫録の悪女。

準主役並みに抜擢された松也くん、凛々しい若者役で大活躍。

他の舞台やテレビで活躍している松也くんが立派になって菊五郎劇団に帰ってきた…と感無量。

 

太陽神役は(あのひょうきんすぎる)左団次さん。

ときどき登場してありがたーい言葉を言って消えていく。

何だか不思議です。

 

ところどころにちゃり場(コミカルな場面)も入れて、役者それぞれに見せ場をきちんと割り振っている。

派手だけど感動的で上品な作品に仕上がってます。

菊之助くん、お見事です 楽しい ラブ 拍手

 

 

ガンジス川に赤姫が佇む。

神様の前で踊る村人たちは日本人の拵え。

筋書きを読むと、歌舞伎十八番の『鳴神』も源流はインドの神話だとか。

びっくりです。びっくり!!

 

歌舞伎では、平安時代に寺子屋があったり、飛鳥時代の御殿に町娘が迷い込んだりする。

歌舞伎って自由で何でもありなんだわ。

 

 

 


| 1/22PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others