「歌舞伎座 団菊祭 夜の部」

 

団菊祭 夜の部、見ごたえがありました。

『寿曽我対面』

すごい勢いで彦三郎の五郎が迫る。

菊五郎さま初役の工藤祐経、大きさと気品。

 

初舞台の亀三郎ちゃん、可愛い裃姿で出てきて口上でしっかりご挨拶。

「末永くごひいきのほど」と述べられると、何だか身内になったような気がして「うん、うん、ず〜っと応援するよ」と思ってしまうのが歌舞伎の不思議なところです。

 

松也くんが久しぶりに団菊祭に出演。

八幡三郎行氏役で祐経のそばに控えて口上も。

菊五郎劇団で坂東家を含む音羽屋ファミリーで育ちましたものね。

父親の故松助さんを思うと嬉しい出演です。

 

『伽羅仙台萩』

菊之助くんの政岡、前半は女丈夫を強調しているのか、ちょっとクール。

数年前の菊之助くんの政岡が素晴らしかったので期待しすぎたかな。

でも息子千松を殺されてからの嘆きはしっかり伝わって、胸がいっぱいになりました。

広い御殿の舞台には政岡と、死んでる(?)子役だけ。

政岡役は一人でこの愁嘆場を延々と演じて客席を納得させなければなりません。

 

海老蔵の仁木弾正、すっぽんを出て静かに花道を引っ込むだけなのに、不気味な迫力。

客席は静まり返って、「成田屋ぁ!」「成田屋ぁ!」の大向こうだけしきりにかかる。

三階席からは揚幕に引っ込むまでの弾正を面明かりの影と空気で楽しみます。

 

『弥生の花浅草祭』

坂東亀蔵と松緑、二人だけで神功皇后と武内宿祢、三社祭の悪玉と善玉、通人と国侍、石橋の赤獅子と白獅子。

早変わりで踊りまくる。

三社祭だけでもハードな踊りなのに、最後の石橋で迫力の毛ぶり。

亀寿の時代から踊りが上手なのは知っていたけど、改めてキレのある踊りにびっくり。

仲の良い亀蔵の襲名で踊る松緑が生き生きと楽しそう。

ぴったりと息の合った見事な踊りでした。

 

 

 


「 髪結新三」

is.jpg

 Y新聞 日曜版が楽しみ。

ワクワクとクロスワードパズルを解いて、一面の名言巡礼をゆっくり読む。

今日は人情噺『髪結新三』

歌舞伎世話物『髪結新三』の菊五郎の新三は粋でちょい悪、最高です。ときめきラブ

 

まな板に 小判一枚 初鰹 (宝井其角)

 

いつもは廻り髪結(出張髪結)なのに実は小悪党の新三。

大店の娘をかどわかして、身代金を当てにして買った初ガツオ。

仲裁にきたずるがしこい大家に、身代金の半分とカツオの半身をもっていかれてしまう。

悪人なのに「さっぱりわからねえ」と大家に丸め込まれちゃう新三のやりとりが面白い。

 

当時の初ガツオ、三分ニ朱、一両は12〜15万円、一両は四分、一分は四朱。

だから、新三が買った初ガツオは10万円ちょっと。

なるほど、『女房 質に入れても初ガツオ』

 

初松魚(かつお) 江戸といひしは 昔なり(正岡子規)


「歌舞伎座 団菊祭 昼の部」

 

今年も五月歌舞伎座は団菊祭です。

尾上梅幸二十三回忌追善、市村羽左衛門十七回忌追善、

まだまだ記憶に鮮やかに残る名優の舞台、もうそんなに経つのかなぁと感慨もひとしお。

 

尾上梅幸丈の女形はどんな役も上品で優しい。

見た後に、ほっこり幸せな気持ちが残ったものです。

 

羽左衛門丈は渋くて素敵でした。

高校生のころ、楽屋口でばったり会って、持っていた『仮名手本忠臣蔵』の写真集にサインをしてもらいました。

大星由良之助が羽左衛門丈だったのです。

写真集をちらっと見て、

「ああ、林くんの本かぁ。」

「違います!私の本ですっ!」

むきになって私が言うものだから、羽左衛門さん大笑い。

本は舞台写真家『林 嘉吉』の著でした。

もちろんニコニコ笑ってサインをしてくださいました。

 

その羽左衛門丈の長男の8代目彦三郎さんが初代楽善襲名。

5代目亀三郎さんが9代目坂東彦三郎を襲名、

8代目彦三郎さんが初代楽善襲名。

亀寿さんが3代目坂東亀蔵。

夜の部では4歳の侑太君が6代目亀三郎で初舞台。

「林くんの本かぁ」の楽しい思い出もあって、ずっと応援したい誠実なファミリーです。

 

襲名披露狂言、昼の部『梶原平三誉石切』

彦三郎さんの梶原平三、さっそうと声が劇場に響き渡る。

松緑がみすぼらしい罪人で出てきて襲名のお祝いを言うのがサプライズで愉快。

 

『吉野山』

菊之助の静御前と海老蔵の忠信。

やっぱりこの二人、きれいです。

もっと一緒に舞台があるといいなあ。

 

『魚屋宗五郎』

菊五郎さまの宗五郎は絶品。

哀しくて面白くてほのぼの。

今年も元気な菊五郎さまでこの演目が見られて幸せでした。

 

 

 

 


「俳優祭」

 俳優祭に行ってきました。

なかなか取れないチケットをひょんなことから譲っていただけました。

 

忠臣蔵がテーマの舞踊 『二つ巴』

松緑と亀寿の討ち入りの立ち廻りがすごい迫力ときめき拍手!

 

『石橋』

若手立ち役は白い毛、松也、巳之助、隼人、橋之助。

若手女形は赤い毛、壱太郎、児太郎、尾上右近、米吉。

それぞれが競って毛を振って踊る ときめき 拍手 るんるん

松也くん、人気もやる気も自信もあるのか輝いて見えたぴかぴか

右近の毛振りはひと際端正。

 

カオス状態の模擬店の後に、

 

『月光姫恋暫(かぐやひめこいのしばらく)』楽しい グッド

月宮殿の王王冠(仁左衛門)と妃(玉三郎)王冠2は乱暴者の娘かわいいかぐや姫(猿之助)に手を焼いて、地球に修行の旅に出す。

竹取の翁(菊之助)と媼(海老蔵)はかぐや姫を見つけて家に連れて行く。

かぐや姫に一目ぼれした若者(勘九郎)は見事な恋ダンスを踊って花道を引っ込むラブ

かぐや姫の横暴がすごい むかっ パンチ! 翁と媼を虐げる 冷や汗

悪役の染五郎もサービス満点。

翁役の菊之助くん、ヨレヨレぶりも一生懸命 拍手

最後に登場する帝(菊五郎)と陰陽師(吉右衛門)が楽しい。

セリフを忘れて「えっ!?!?」と間があって、吉右衛門さん笑いをこらえているようだった。

 

菊之助さんからクリアファイルを買いました。

買っただけでぼ〜っと列を離れました。

こんな間近でカメラを向けてよかったのね。カメラ

実は気の弱いぶーふーうーの母なのです。

 

俳優祭チラシは尾上右近くんと中村種之助くんのデザイン。

 

亀三郎さんから買った筋書き、サインをしてもらいました。

亀三郎さんは俳優祭の実行委員、劇場内を走り回って美声で仕切っていました。

 

来月末にNHKでテレビ放映。

楽しみです。

 


「歌舞伎座三月昼の部」

仁左衛門の『大物浦』を見たくなって今月の歌舞伎座。

銀色の衣装を血まみれにして海に飛び込む渾身の知盛。

仁左さまの知盛の憂いと気品は絶品。

 

まだ信じられない三津五郎の死。

遺影が若々しいのが一層哀しい。

追善の演目『どんつく』

曲芸師、芸者、若旦那、大工、町娘。

ずらりと並んで踊る華やかな演目。

とぼけた風情で踊るけど、巳之助君、一生懸命。

三津五郎と菊五郎と『どんつく』楽しかったなあ…。

巳之助君、がんばれ。


「歌舞伎座二月猿若祭夜の部」

 

歌舞伎座夜の部で3歳と5歳の小さな中村屋が初舞台。祝

桃太郎二人がなんとも可愛い。

お供の犬は染五郎、猿は松緑、雉は菊之助。

菊五郎をはじめ、みんながにこにこと二人を見守る。

幼い人って、どうして周囲を幸せにするんだろう。拍手

 

『梅ごよみ』

花道も舞台も一面に浪布を敷き詰めて隅田川になる。

染五郎の丹次郎と勘九郎の芸者米八の小船が通り過ぎると、中央に泊まっていた屋形船から菊之助の演じる芸者仇吉が出てきて小船を見送る。

青い波に、黒い着付けの芸者姿がすらりと映えてとても綺麗ときめきラブ

気風が売り物の深川芸者2人が生きのいい台詞で意地を張りあう。

目にも耳にも楽しいお芝居でした。

 

地口行灯 「枕眺め上に蚊が飛び」…「盲長屋梅加賀鳶」?

 

左は「しがねえ宵の寝酒が仇」…「しがねえ恋の情けが仇」?

右は何だろう。

 


「四千両小判梅葉」

2月歌舞伎座、今月のお目当ては、菊五郎の『四千両小判梅葉』

江戸時代に実際に起こった、江戸城御金蔵破りをもとに河竹黙阿弥が劇化した作品。

伝馬町の牢内の風景をリアルに描いています。

牢名主を筆頭にしっかりとした格差と掟があり、それに従ってきびきびと進む。

御金蔵破りという大きい犯罪を起こした富蔵(菊五郎)は牢の中でも大きい顔。

新入り達の仕切りも彼が行う。

菊五郎の声は艶があって芯があって張りがある。

百をシャクと言う江戸弁も小気味よい。

 

初代辰之助が大病の療養中、父親の2代松緑が若い菊五郎たちに教えていた演目。

稽古風景を、辰之助が物陰から寂しそうに見つめていたという。

本来なら盟友辰之助から伝わるべき芸を次世代に伝えるべく、菊五郎さま熱演です。

牢の中で着流しのまま立ったり座ったり、不安だった足腰を全然感じません。

罪人達はその次世代の若い役者たち。

この芸はしっかり伝わっていると思う。

 

2月歌舞伎座の劇場内にはダジャレを書いた地口行灯が飾られます。

高師直⇒こものもろのう

 

ひょうたんからゴマが出る

 

えんまの下の力持ち

 

 

気になっていたお店で一服しました。

(本当にこんな所に?)

ビルとビルの間の小さい路地を入って4階へ。

『Cafe Ohana』居心地の良いカフェでした。

ワッフルのシザーサラダ。


「くろごちゃん登場」

YOU TUBEで人気らしいです。

国立劇場のゆるキャラ、くろごちゃん。

ペン(筆)と三方を持って、ピコ太郎の真似。

劇場のロビーで、愛嬌を振りまいていました。

 

 


「初芝居 『しらぬい譚』」

国立劇場正月歌舞伎公演、『しらぬい譚』初日鑑賞。

おせち料理みたいに盛りだくさんの趣向。

年の初めは明るく楽しく、恒例の初芝居です。

国立劇場50周年。

開場の時に舞台見学に来ました。

ワタクシの歌舞伎歴、ほぼ50年。びっくり!

 

九州の大友氏、菊池氏のお家騒動が(一応)中心のお話。

大友氏の遺児若菜姫(菊之助)が妖術を使って宙を飛ぶ。

客席を筋交いに、上がったり降りたりして飛んで客席に大サービス。

 

 

 

宙乗りは二階のドアから引っ込むようです。

ロビーで見てみたいけど、見せてくれないだろうなあ。

 

初日には鏡割りで枡酒がふるまわれます。

国立劇場の理事長さんが挨拶で芝居の仕掛けを嬉しそうにたくさん話しちゃった。

菊五郎さん、困った顔で「理事長の話を忘れて観てください」(笑)

お神楽や獅子舞などでお正月気分たっぷり。鏡もちかどまつ凧

 

食堂で初芝居弁当。

カラシ蓮根、明太子、筑前煮など九州をイメージした献立。

どれもおいしいディナー楽しいムード

 

今年も楽しく始まりました。

幸せな年になりそうです。

 

 


「大手町座公演 三番叟」

 

野村萬斎の三番叟、

直面(ひためん、面をつけない)で掛け声をかけながら大きく高く舞う(揉の段)。

黒式尉の面をつけて舞う『鈴の段』

声は朗々,舞はきびきびと美しい。

さすがの萬斎さん ときめき拍手ムード、最高。

 

その他、『猩々乱』『若菜』など。

日経ホールはこのような公演にちょうど良い大きさ。

 

いくつかの公演でとても気になっていたお目めぱっちりの若い笛方、今回も登場。

能楽囃子方森田流笛方。1986年生まれの杉信太郎さん。

大中小が調子を合わせる鼓と違って、笛はソロで聞こえる。

強く優しい音色に聞き惚れる。


| 1/20PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others