「孤篷の人」

雨続きでひんやりしすぎる毎日。

『孤篷のひと』(葉室麟)読み終わる。

大名で茶人で有名な作庭家でもある小堀遠州の生涯を描いた作品。

それぞれの章に茶道具と歴史上の人たちの逸話。

【白炭】

「茶の道を学ぶものは利休さまのようでなくてはならぬ、利休さまのようではならぬ。

織部さまのようでなくてはならぬし、織部さまのようではならぬ。」

【肩衝】

初花肩衝、新田肩衝、櫟柴肩衝、万代屋肩衝。

本能寺の焼け跡から掘り出された背高肩衝。

【投頭巾】

茶入れ、楢柴と投頭巾。

秀忠が選んだのは投頭巾。何故?

【此世】

小さな壺を香炉に見立て利休が此世と名付けた。

【雨雲】

本阿弥光悦が焼いた楽茶碗『雨雲』。

【夢】

金地院崇伝と沢庵の生き方。

【泪】

利休が最後の茶会で用いて古田織部に与えた手作りの茶杓『泪』

【埋火】

灰被天目と茶杓埋火。

藤堂高虎と後水尾天皇、お与津御寮人

【桜散るの文】

伊達政宗が催した茶会、床の間の掛物は定家の『桜散之文』

重篤の病を得ていた政宗は茶会の後間もなく亡くなる。

【忘筌】

八条の宮の桂離宮の庭園を作り上げる。

逝去後、小堀遠州は大徳寺孤篷庵に葬られた。

 

………………

深すぎて怖い茶の心。

小堀遠州は「ともに命を慈しみ、生きようとする心」を念じて茶を点てるという。

小説の中の東福門院和子や御与津御寮人が優しく聡明な女性で幸せな境遇で終わったのが嬉しい。

 

テレビ番組で茶道上田宗箇流を訪ねた葉室麟氏、意外と普通のおじ様。

靴下で庭下駄を履いて茶庭の露地を歩く。

ちょっと歩きにくそうでした。

偉そうな作家先生より好感。

 

寒いから土鍋で古奈屋のカレーうどん(冷凍)。

美味しい 楽しい ラーメン るんるん

あめ雨の日は気圧も低いのか、香を焚いてみたけど煙が低く流れるあめ

お日様が恋しいな。

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others