「桜桜」

『三分咲きとか五分咲とか、桜の開花を「数値化するのは無理な話」だという。

木は一本ごとに異なり、見る人の感じ方も様々だ。

「ほころびかけてきた」「笑いかけてるな」。

今日の桜守、16代目佐野藤右衛門さんは代わりにそんな言い回しを使うらしい。

辞書には〈花笑み〉との項目もある。』(Y新聞から)

 

笑いかけてくれます、ご近所桜。

花の下をくぐるとき、幸せな気分になります。

でも今年の桜は一緒に歩く愛犬がいなくてちょっと寂しい。

 

さまざまの事おもひ出す桜かな (芭蕉)

 

 

「うちの枝垂れ桜もきれいだよ」ということで、ご近所のお庭の桜を見せていただきました。おてんき楽しいかわいい

 

雪割草、咲きました。

 

花大根、咲きました。

 

土筆の森が出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others