「旧朝香宮邸」

目黒に来たついでに、庭園美術館。

1933年(昭和8年)朝香宮邸として建てられました。

アールデコ様式の本館自体が美術品。

1983年に、この空間を生かした美術館として開館。

今回はこの旧朝香宮邸そのものを味わう企画。

展覧会があるときは窓や壁をボードで覆われていることも多く、じっくり邸宅を味わえるのは嬉しいです。

 

主要な部屋の内装に、アンリ・ラパンやルネ・ラリックらフランスのアール.デコ様式のデザイナーが起用されています。

宮廷建築を担っていた宮内省内匠寮が手がけたとはいえ、装飾はすっきりと現代的で、居心地もよさそう。

戦後(1947〜1954)吉田茂が首相官邸として使用したそうです。

戦後皇族籍を離れた朝香宮夫婦、熱心に研究して設計した邸宅を没収されるのは悲しかったでしょうね。

香水塔

 

ルネ・ラリックの装飾ガラス

 

 

 

 

天板は白オニキス

 

チェックタイル(大理石)のベランダ

芝生の西洋式庭園に臨みます。

 

特別公開 サンルーム。壁も床も大理石。

 

椅子二脚、背もたれはべっ甲。マリー.ローランサンのデザイン

 

 

日本庭園に出て、茶室『光華』

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others