「コバノズイナ」

珍しい房状の白い花。

コバノズイナという花だそうです。

京鹿子とチョコレート色の矢車草。

持ち寄った花材を92歳の先生がさらさらと活けるとすぐに様になる。

不思議です。

 

月に一度うかがうお稽古場。

長板一つ飾りの薄茶点前と高砂棚の薄茶点前。

「七種蓋置のどれかを使ってみたら?」

七種の蓋置、それぞれ扱いが違ってちょっと面倒くさい。

小さな唐子が井戸を覗いている『一閑人』の蓋置を使わせていただきました。

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others