「第一回古典芸能を未来に、〜至高の芸と継承者」

20180830_2666197.jpg

国立劇場で 「第一回古典芸能を未来へ」

毎年一回上演されるそうです。

第一回の今回は尾上流。至高の芸と継承者。

 

ー飴鞍屐“上菊之助と尾上菊之丞、黒紋付の素踊り。

格調高く、若々しい素晴らしい踊りでした。

後ろに控える義太夫連中は茶色の裃。

二人が持って踊る、三番叟鈴の朱色の房が華やかに目立ちました。

 

⊂召猟粥“上右近と若い女性の舞踊家尾上紫と尾上京。

芝居小曲集けの四季 先斗町と赤坂の名妓たちが華やかに小粋に踊ります。

 

タ刑酩駘戞”犇弋動梓 常盤御前の拵えでしっとり踊る菊之助がやっぱりきれい。💛

牛若丸は菊之助の長男4才の和史君、乙若丸は菊之丞の長女7才の似知子ちゃん、今若丸は寺島しのぶの長男6才の眞秀君。

愛らしい稚児姿で常盤御前と踊ります。

菊五郎の大天狗が登場して子供たちを守護すると誓う。

ちっちゃい三人もちゃんと足を鳴らして見得をきって、幕が下りました。

カワ(・∀・)イイ!!

 

京都の5花街はそれぞれ踊りの流派が違います。

祇園甲部は井上流、宮川町は若柳流、上七軒は花柳流、先斗町は尾上流、祇園東は藤間流だそうです。

ロビーには舞妓さんの姿も見えました。

たぶん踊りの関係の方たちなのでしょう。

見事に夏物の訪問着を着こなした女性たちで溢れ、いつもの歌舞伎公演とは違うゴージャスな雰囲気。

…当方、普通の洋服なので圧倒されてそそくさと三階席に駆け込んでほ〜っとしました😖。

 

20180830_2666199.jpg

開演は4時半。近くの甘味 『おかめ』おでんと茶飯セット。

甘いものも食べたいね…とクリーム白玉あんみつも注文。

「お食事の方はハーフサイズで注文できます」。

嬉しい心遣いでした。

もちろんいただきました😋。

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others