「散り椿」

映画『散り椿』見てきました。

大好きな葉室麟原作で以前読んだこともある作品。

表紙がきれいな椿の花だった。

岡田准一主演。

エンドロールには、監督や共演、スタッフなどの名前の中に殺陣、撮影にも彼の名前。

なるほどこだわりの殺陣は異様に美しい。

低く腰を落としたかまえで立ち会うと相手がへなちょこに見えてしまう。

西島秀俊さんも池松壮亮くんも充分かっこいいんですが。

 

エンドロールの美術協力に長谷川等伯の名前😲❢

豪商田中屋の薄暗い座敷の背景に妙に目立つ金屏風がありました。

等伯だったらしい。まさか本物じゃないよなぁ。

それを確認するためだけにもう一度見たい。

 

時代劇を見るとおでこが気になる。

月代(さかやき)が似合うカーブ、なかなか無い。

准一くん、池松くん、ちょこっと麗しくない。

日本髪の生え際、芳根京子さん、産毛が気になる。

 

名カメラマン木村大作さんが監督・撮影。

どのシーンも美しい。

富山県などでのオールロケ📹。

面白かったのはエンドロールに流れるキャスト・スタッフの名前。

それぞれ本人の自筆みたい。

個性があって面白い。

 

ストーリーは、何しろ葉室麟ですからね。

今回も一途に武士道と愛を貫こうとする主人公が哀しく美しい。

 

20181005_2689295.jpg20181005_2689281.jpg

 

今回も映画好きの友人行きつけのレストランで。

チョップドサラダ。

深いサラダボールに刻んだ野菜、コーン、アボガド、ソバの実などがたっぷり。

これだけでお腹一杯になります。

20181005_2689299.jpg

 

 

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others