「徳川将軍家」

20181115_2718649.jpg20181115_2718647.jpg20181116_2719302.jpg

今月末が期限の小田急回数券が残っていたので、友人を誘って都内に紅葉を探しに行きました。

芝公園東京タワーの足元にもみじ谷公園があるはず。

行ってみたら改修工事中。平成31年完成予定。

もみじ谷公園は江戸城紅葉山から移した紅葉や人工の渓谷があって、都心とは思えない深山の風景を味わえるのです。

 

近くの増上寺に寄ってみました。

いつもは拝観できないはずの徳川将軍家墓所が開いていました。

 

芝増上寺には2代将軍徳川秀忠公夫婦、6代家宣公夫婦、7代家継公、9代家重公、12代家慶公、14代家茂公、静寛院和宮様方の宝塔、将軍生母側室等合祀塔が並ぶ。

 

静寛院和宮様、明治10年に31歳で逝去。

京都に葬られる沙汰があったが和宮の遺言で徳川家墓所の夫家茂の隣に祀られる。

 

増上寺宝物展示室、英国ロイヤルコレクションから長期貸与されている2代将軍秀忠公御廟建築模型を展示してあります。

明治43年ロンドンの日英博覧会に10分の1の縮尺で展示された物が後に英国王室に贈呈される。

実在の御廟は戦災で焼失。

英国王室から借りた模型は仏具まで精巧に縮尺されていて、透かし彫りなどの彫刻は高村光雲。

超豪華なドールハウスというべきか。

 

この御廟模型、まだ修理に費用が掛かるそうです。

その費用の調達のため、墓所を公開したり、展示室で募金を募ったりしているそうです。

 

御廟と宝物展示室共通券を買ったら絵葉書がついていました。

戦前の御廟を写した白黒の古写真集。

戦災で焼失する前の将軍家の御廟は壮大です。

古写真の絵図を見て驚きました。

それぞれの将軍御廟が広大な寺院。

大名から寄進された石灯篭が並ぶ。

残っていたら壮観だったろうな。

20181116_2718842.jpg20181116_2718844.jpg20181116_2718846.jpg

 

20181115_2718633.jpg20181115_2718670.jpg

ついでに浜離宮恩賜庭園。

この庭園も将軍家の庭園。

甲府宰相綱豊公が6代将軍家宣になって、甲府浜屋敷と言われていた庭園が将軍家に。

明治維新で皇室の離宮になり、1946年に東京都に下賜されて都の公園になりました。

 

2010年『松の御茶屋』2015年『燕の御茶屋』2018年『鷹の御茶屋』

忠実に復元されて建てられています。

都内の名所の改修や増築は2020年オリンピックを目指しているのかな。

久しぶりの東京見物、色々変っていてびっくりでした。

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others