「弁天小僧❣」

地下鉄東銀座の改札を出たら弁天小僧。

木挽町広場への通路にも弁天小僧。

菊五郎さま、75歳の弁天小僧を見てきた。

実はちょこっと心配だったのです。

炭水化物抜きダイエットを頑張ったらしい。

なるほど少しすっきりしたようです。

 

さすがの極め付き弁天小僧。ときめきラブ

登場すると劇場内が掛け声と拍手に満ちて熱くなる。拍手

これが団菊祭なのだと我を忘れて一生懸命拍手してしまった。拍手

 

松也くんが父親の松助さんの持ち役だった鳶頭をさっそうと務める。

海老蔵が父親團十郎の持ち役の日本駄右衛門を務める。

「平成20年上演の團十郎の日本駄右衛門、三津五郎の忠信、先に逝ってしまって非常に寂しい。」

記者会見で言ってました。私もとても切ないです。悲しい

 

弁天小僧が振袖を脱いであぐらをかいて襦袢姿になつたら、日本駄右衛門が「かたりが現れてもびくともしない... 。」と言い出した。びっくり

弁天小僧、「ちょっと待った。」とさり気無く小粋に止めた。

(あれ?こんなセリフあったかな…???)

それから「番頭さん、たばこと煙管を貸してくれ」とか言って煙草盆を引き寄せる。

煙管を使って悪態をつき、日本駄右衛門に「定めて名のある者であろう」と問い詰められてから「知らざあ言って聞かせやしょう」と名台詞。拍手

片肌脱いで入れ墨を見せる。ときめきぴかぴか

手元に煙管がなくっちゃ格好がつきませんからねえ。冷や汗

ひょっとして海老蔵くん、とちったかな?

菊五郎サマの弁天小僧相手に初の大役。

彼でも緊張したのかな。楽しい拍手

 

極楽寺山門上での立ち廻りもスピード感は別にして、見せるべきところでのポーズはきりっと決まる。

片足での見得もぶれない。

菊五郎劇団のチームワークと暖かさをすごく感じる舞台でした。

 

 

 

劇場前の看板、菊之助くんの喜撰の写真を指しながら「月照さま!月照さま!」と若い女性が喜んでいました。

大河ドラマ『西郷どん』の僧月照さま、上品で儚くて素敵でした。

この喜撰のようなとぼけたお坊さまではありません。

 

 

ちょっと暑い日だったので、アイス最中。

 

お出かけ途中、バス停へ急ぐ道路脇にキキョウソウが咲いていました。

 

 


「文楽『摂州合邦辻』」

Eテレで、文楽『摂州合邦が辻』

大阪国立文楽劇場、豊竹咲甫太夫改め六代目竹本織太夫襲名披露公演。

 

中 浄瑠璃 竹本南都太夫、三味線 鶴澤清馗

 

切 浄瑠璃 豊竹咲太夫、三味線 鶴澤清治

 

後 浄瑠璃 豊竹咲甫太夫改め竹本織大夫  三味線 鶴澤燕三

 

咲甫太夫はNHKの『にほんごであそぼ』でおとぎ話などを浄瑠璃で語っていました。

きちんと裃姿で語るのになぜか可愛い。

何度かテレビで拝見すると親しみがわきます。

襲名して竹本織大夫になりました。

浄瑠璃を語る声は豊かで深みのある美声です。

 

玉手御前を操るのは 桐竹勘十郎。

この方も「にほんごであそぼ」に出演していました。

子供番組なのに、贅沢な出演者です。

この番組を見て育った子供たち、どんな感性を身につけたろう。

 

合邦を操るのは吉田和生。

和生氏の談話を聞きに行ったことがあります。

楽しい会でした。

http://bfwm.jugem.jp/?eid=687

 

文楽の人形も見事な浄瑠璃に乗って生きているような感動。

これが至高の芸なのかと実感します。

 

 

 

数年前に見た歌舞伎の『摂州合邦辻』、菊之助くんの玉手御前。

美しく激しく哀しかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「朗読&地唄舞の会」

昨年に続いて、2回目。

上野桜木市田邸で田中泰子さんの朗読と地唄舞を楽しむ会。

山本周五郎作『不断草』

藤沢周平作『山桜』

どちらもお家騒動と絡んだ若い武家の妻の哀しさ。

流されるのではなく、自分で選んだ道を毅然と生きる。

地唄舞は『春日影』。

地唄舞は能の影響を受けた舞踊だそうです。

動きは少ないけど凛として美しい。

 

 

朗読の技の確かさに心を動かされて、気づいたら涙ぐんでいました。

 

 

 

市田邸は明治45年築の呉服問屋の別邸。

NPOの活動で保存活用されています。

朗読の合間は今回もドリンクタイム。

コーヒーやお茶だけでなく日本酒やワインもあります。

ワインをいただいて後半はほろ酔いでした。

 

 

会の始まりは2時から。

根津駅前でアヒージョのランチ。

前菜のキッシュ入りのサラダとスープもついて1000円でした。

 

 


「キラキラ✨」

プロ野球、詳しくないし、あまり興味もないんですが、大リーグの大谷翔平くんの活躍、楽しみ。

凄いことをしてるのに、何だか楽しそう。

羽生結弦選手の凱旋パレード、ごみを持ち帰ったファンが多かったって。

若いアスリートたちの笑顔はキラキラして良いものです。

 

もうすぐ5月。

初夏を思わせる日差しもキラキラしています。

何だかとっても嬉しい日です。

 

 

ヘビイチゴ

 

コメツブウマゴヤシ

 

 

 

アメリカフウロ

 

ニセアカシア

 

スズラン

 

紫蘭

 

アカバナユウゲショウ

 

ニワゼキショウ

 

 


「咲く花の…」

K夫人と4月のお茶。

今が花盛りのクレマチス、和名はテッセン。

 

茶掛けは会津八一の歌

「咲く花の とわに にほへる みほとけの まもりて ひとの おいにけらしも」

桜井聖林寺十一面観音を拝す

旧知の老僧 老いてなほあり

 

K夫人が聖林寺を尋ねた時、品のいい老女が案内してくれたそうです。

会津八一のこの歌を思い出したそうです。

 

茶道だけでなく、奈良の事、和歌の事、色々教えていただけます。

長板で濃茶とお薄。

来月は炉を閉じて風炉の季節になります。

贅沢な空間と時間が嬉しいひと時でした。

 


「フランダースの犬」

高畑勲さんの追悼の記事

『.........................

その人の感性は続く「フランダースの犬」に生きたという。

ハッピーエンドの物語も出回るなか、原話どうりの悲劇になっている。

ネロとパトラッシュが聖堂の冷たい床に身体を接して横たわり、眠りにつくシーンは…。』

アニメでも絵本でも児童書でも、この最後のシーン、ダメなんです。

読み上げると必ず胸がいっぱいになって涙声になっちゃうんです。

こんな短い一文でも声が震える。

なんでだろう…。

 

 

八重桜、花びらが降りしきってます。

ベランダも庭も玄関も花びらだらけ。

きれいだわ…と喜んではいられません。

貼りついたり、舞い込んだり、けっこう大変です。

 

 

ホウチャクソウ(宝鐸草)

 

 

マツバウンラン(松葉海蘭)

 

セリバヒエンソウ(芹葉飛燕草)

 

ヤマホロシ

 

ヒメウツギ

 

ミヤコワスレ

 

クレマチス


「裏表先代萩」

歌舞伎座昼の部、裏表先代萩

23年ぶりに菊五郎サマが時代物の仁木弾正と世話物の悪党小助を演じる。

23年前は国立劇場で乳母政岡も早変わりで演じたそうです。

仁木弾正の花道の引っ込みが見事だったと演劇雑誌で読んで、見られなかったことが残念でした。

今回は小悪党と大悪人の二役。

若君を殺すための毒薬を調合した医者を殺して大金を奪い、罪を他人にきせてけろっとしている小助。

お家騒動の張本人の仁木弾正、連判状を加えて忍術を使って悠然と花道を引っ込む。

ここのところ菊五郎サマの脚の具合が心配だったけど、それほど気になりませんでした。

小助役はお得意の世話物で生き生き、弾正は珍しい役だけど凄みと可愛らしさ(⁉)ラブ

 

 

時蔵の政岡、気品があるお乳母ぶり。

彌十郎、凄みのある憎まれ役八汐だけど何となく愛嬌がある。

錦之助、さっそうと裁き役の細川勝元でかっこいい。

それにしても、伽羅先代萩でも、この芝居でも、最後に深手を負った渡辺外記に舞いをひと差し舞わせる。

いつも(早く駕籠に乗せてあげて!)と思ってしまう。

 

仁木弾正の引っ込みが見たくて、東側の席をとった。

ひさしぶりの目出鯛焼き。

 

 


<< | 2/232PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others